“必殺仕事人”京本政樹、「イコライザー」D・ワシントンの仕事ぶりに太鼓判! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年10月16日 > “必殺仕事人”京本政樹、「イコライザー」D・ワシントンの仕事ぶりに太鼓判!
メニュー

“必殺仕事人”京本政樹、「イコライザー」D・ワシントンの仕事ぶりに太鼓判!

2014年10月16日 20:40

「ワシントンは中村主水に近いかも」と語った京本「イコライザー」

「ワシントンは中村主水に近いかも」と語った京本
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の京本政樹が10月16日、東京・虎ノ門のニッショーホールで行われたデンゼル・ワシントン主演のアクションサスペンス「イコライザー」の特別試写会に出席。時代劇「必殺仕事人」シリーズで“組紐屋の竜”を演じた京本は、アメリカ版“必殺仕事人”ともいえるワシントンの仕事ぶりを絶賛した。

昼はホームセンターで働く元CIAトップエージェントのマッコール(ワシントン)が、当時の正義感を目覚めさせ、この世の不正を瞬時に正す“イコライザー”として、善良な人々を苦しめる悪を人知れず抹消していく姿を描く。ワシントンがアカデミー主演男優賞を受賞した「トレーニング デイ」のアントワン・フークア監督と、同作以来13年ぶりに再タッグを組んだ。

身の周りのあらゆる物を武器に変え、わずか19秒で悪人たちを抹消してしまう凄腕のイコライザー。京本は、「敵をやっつける時に自分の仕事を華麗に利用するのが仕事の流儀。竜も出かける時は組紐を必ず自分の帯に入れていく。ワシントンが数秒で武器を使いこなす姿は感動!」と共鳴していた。

マッコールは、マフィアから非情な扱いを受ける娼婦の少女テリー(クロエ・グレース・モレッツ)に同情し、イコライザーとして再覚醒していく。京本は、「“組紐屋の竜”は女性に言い寄られても同情しないのが主義。デンゼルは少女に同情して自ら乗り込んでいくので、女性に鼻の下を伸ばしていた藤田まことさん演じる中村主水(もんど)に近いかも」と分析。そして、「『必殺仕事人』は時代劇だけど、現代において良い形でハリウッドに継いでもらったと思うとうれしい」と語った。

イコライザー」は、10月25日から全国公開。

ザ・ハリケーン Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] ザ・ハリケーン Blu-ray[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,175 名匠ノーマン・ジュイソン監督が描いた感動の人間ドラマ。デンゼル・ワシントン、ヴィセラス・レオン・シャノンほか出演。
デンジャラス・ラン[Blu-ray/ブルーレイ] デンジャラス・ラン[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,391 新米CIA VS 最強知能犯!騙し騙される国家の陰謀を振り切る危険すぎる逃走!『ボーン・アイデンティティー』シリーズのスタッフが仕掛ける逃走カーアクション!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi