デビッド・フィンチャー最新作「ゴーン・ガール」特別映像が公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年10月15日 > デビッド・フィンチャー最新作「ゴーン・ガール」特別映像が公開
メニュー

デビッド・フィンチャー最新作「ゴーン・ガール」特別映像が公開

2014年10月15日 17:00

誰もが羨むカップルだったニックとエイミーに悲劇が……「ゴーン・ガール」

誰もが羨むカップルだったニックとエイミーに悲劇が……
(C)2014 Twentieth Century Fox
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「セブン」「ドラゴン・タトゥーの女」のデビッド・フィンチャー監督が「アルゴ」のベン・アフレックを主演に据えて描くスリラー「ゴーン・ガール」の特別映像が、このほど公開された。

同映像は、結婚5周年の記念日に妻エイミー(ロザムンド・パイク)が突然失踪する不幸に見舞われた夫ニック(アフレック)が、日を追うごとに悲劇の夫から「妻を殺害した容疑者ではないか?」との疑いにさらされていく姿をダイジェストで追っていくもの。「3時間後」「6時間後」「24時間後」という時間の経過とともに大量の血痕や日記、人形などの謎めいたアイテムが次々と発見され、その一方で、ニックの隠されていた私生活がメディアによって暴かれていく。窮地に追い込まれていくニックは、本当に妻を殺したのか。そして、エイミーはどこに消えたのか。わずか1分強の映像ながら、同作の世界を緊張感たっぷりに伝える内容となっている。

フィンチャー監督は、誰よりも共に時間を過ごしていたはずのパートナーの知らなかった一面が明らかになるという日常の思いがけない崩壊を描き出す。疑惑の夫を演じたアフレックは、「ニックとの接点を見つけて役になりきった。彼はごく普通の男という設定だ。良い人になろうとしているが、うまくいく時もあれば、失敗することもある。だから、他人から妻を殺したと考えられてしまうんだ」と、誰もに当てはまる共通点を明かしている。

ゴーン・ガール」はニューヨーク映画祭のオープニング作品としてプレミア上映され注目を集め、2週連続で全米興行ランキング第1位を獲得した話題作。オープニング成績3800万ドルはフィンチャー監督作品歴代No.1の記録となっている。12月12日から日本公開。

ゾディアック ディレクターズカット[Blu-ray/ブルーレイ] ゾディアック ディレクターズカット[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,167 デビッド・フィンチャー監督が放つ衝撃サスペンス!奇妙な暗号で世界を挑発する殺人犯“ゾディアック”に魅入られ、人生を狂わされた4人の男たちの姿を描いた、実在の未解決事件に基づくサスペンス・スリラー。
ハウス・オブ・カード 野望の階段 SEASON 1 Blu-ra...[Blu-ray/ブルーレイ] ハウス・オブ・カード 野望の階段 SEASON 1 Blu-ra...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥6,480 手にするはずだった権力を逃した男が、その怒りと失意を政界のパワーゲームにぶつける姿を描く大作ドラマシリーズ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi