スペインの鬼才・イグレシア監督、影響受けたのは「ゴジラ」「エイリアン」「めまい」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年10月14日 > スペインの鬼才・イグレシア監督、影響受けたのは「ゴジラ」「エイリアン」「めまい」
メニュー

スペインの鬼才・イグレシア監督、影響受けたのは「ゴジラ」「エイリアン」「めまい」

2014年10月14日 22:30

アレックス・デ・ラ・イグレシア 監督と妻のカロリーナ・バング「スガラムルディの魔女」

アレックス・デ・ラ・イグレシア
監督と妻のカロリーナ・バング
[拡大画像]

[映画.com ニュース] スペインの鬼才アレックス・デ・ラ・イグレシア監督作「スガラムルディの魔女」の特別パーティが10月14日、都内で行われ、来日中のイグレシア監督と、本作でヒロイン役を務めた妻のカロリーナ・バングがティーチインに出席。ウィットに富んだ回答の数々で、客席を喜ばせた。

気狂いピエロの決闘」などで知られるイグレシア監督は、影響を受けた作品として「小さいころに見て気に入った映画は『ゴジラ』。それを見て以来、憧れを抱いていてぜひ作りたいと思っていた」と明かす。ほかにも、「『エイリアン』(1979)は30回くらい見ました。それから、(アルフレッド・)ヒッチコックの『めまい(1958)』」と列挙し、偉大な作品に敬意を表した。

しかし、何よりも影響を受けているのは「ロクな作品を作らない作家、あるいは退屈で死にそうなプログラムを作るディレクター」という。「私は日曜日にサッカーを見ますが、それは死ぬほど退屈なことなのに私をとらえて離さない。『いつもみんなを楽しませなければならない』という、良い強迫観念を与えてくれる」とユニークな視点でイマジネーションの源泉を語った。

本作は強盗をした無職のダメ男が人食い魔女が住むスガラムルディに迷い込み、恐怖を味わう姿を描いた異色ホラーコメディ。“ダメな男”と“人食い魔女”の対比について聞かれると、「私は非常にフェミニスト。女性は悪意に満ちた存在だと思っていますが、男性はバカだと思っています。バカと悪を比べると、悪のほうがはるかにいい。女性は男性のあばら骨の1本ではないことを強調したい」と人生哲学を披露した。

スガラムルディの魔女」は、11月22日から全国で順次公開。

気狂いピエロの決闘[DVD] 気狂いピエロの決闘[DVD] 最安価格: ¥3,450 カルト的人気を誇るスペインのアレックス・デ・ラ・イグレシア監督が、ピエロ同士の狂気に満ちた戦いを描いた異色作!
めまい[Blu-ray/ブルーレイ] めまい[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,391 アルフレッド・ヒッチコック監督が贈るミステリー作品。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi