赤ペン瀧川先生が「イコライザー」のD・ワシントンを絶賛! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年10月14日 > 赤ペン瀧川先生が「イコライザー」のD・ワシントンを絶賛!
メニュー

赤ペン瀧川先生が「イコライザー」のD・ワシントンを絶賛!

2014年10月14日 17:30

「イコライザー」を“映画添削”!「イコライザー」

「イコライザー」を“映画添削”!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 日本テレビ「映画天国」の「赤ペン瀧川先生の映画添削」コーナーで人気を博した“赤ペン瀧川先生”が、デンゼル・ワシントンが世の不正を抹消する闇の“仕事請負人”を演じたサスペンスアクション「イコライザー」を、いち早く鑑賞。同作の見どころを独自の視点で熱く語った。

瀧川先生は、「この作品をいかに短い言葉で説明するかと考えたら、とにかく俺の中では『バイオレンス世直し先生』という言葉しかなかった」と同作の本質をひと言で表現。さらに、「元CIAエージェントが今ではホームセンターの従業員として真面目に働いていますとか、ジャッキー・チェンとかブルース・ウィリスがやる役ですよ。こんな役をデンゼル・ワシントンがやったのは記憶にない。設定がどこかで破綻をきたす、都合のいいことが起こるに違いない、よーし……と思って見ているんですが、気にならないんですよね。さすがはオスカー受賞の実力派。俳優としてすげえいい仕事をしています」と絶賛する。

従来のアクションヒーローいえば、ピンチに次ぐピンチに見舞われる「ダイ・ハード」のウィリスなどが定番だが、「ブルースは随所で『俺、死ぬかも?』アピールしてくるじゃないですか、でも、ないんですよ、この人は。むちゃくちゃ強いから。それがむしろ説得力につながっている」と瀧川先生は言う。

そして、「辛い過去があってCIAを辞めたはずなのに、クロエ・グレース・モレッツが演じるヒロインを守るために新しい仕事を始めてしまう。ほんとおやめなさいよ! と。しかもお金を取るわけではなくて完全にボランティア。『いやあ、歌手になりたいんですけど、ちょっと娼婦の仕事辞められないんですよねえ……』『わかった、じゃあ、犯罪組織完全に潰すよ!』『いや、そこまでは……』という展開になっちゃう(笑)。律儀すぎる」と指摘。「アントワン・フークア監督の手腕や脚本はもちろんだけど、何よりデンゼルが有無を言わせない魅力的なキャラクターを作ったのが大きいですよ。いやあ、天才を見る喜びと言いますか、一周回ってこれはバカなのか? というギリギリのラインが非常に面白かったです」と、ワシントンだからこそ成り立つバランスのキャラクター設定に目を見張った。

「どんな人に見て欲しい作品なのか?」を問うと、「確実にアクション映画ファンです。心をくすぐられるポイントだらけ」と即答。そして、「『アクション映画好きのあなたの嗅覚なら、必ず見るはずだ!』と断言してもいい」と言い切った。

イコライザー」は、10月25日から全国公開。

戦火の勇気[Blu-ray/ブルーレイ] 戦火の勇気[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥927 湾岸戦争にて謎の戦死を遂げた女性パイロットの真相を追う事務官の姿を描いたドラマ。
タイタンズを忘れない 特別版[DVD] タイタンズを忘れない 特別版[DVD] 最安価格: ¥1,000 アメリカ・バージニア州を舞台に、フットボールを通して人種差別の壁を見事に崩していく若者たちの友情を描いた、青春映画。デ

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi