イ・ジョンボム監督&チャン・ドンゴン「泣く男」メイキングで撮影の裏側明かす : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年10月10日 > イ・ジョンボム監督&チャン・ドンゴン「泣く男」メイキングで撮影の裏側明かす
メニュー

イ・ジョンボム監督&チャン・ドンゴン「泣く男」メイキングで撮影の裏側明かす

2014年10月10日 13:00

「泣く男」でタッグを組んだチャン・ドンゴンとイ・ジョンボム監督「泣く男」

「泣く男」でタッグを組んだチャン・ドンゴンとイ・ジョンボム監督
(C)2014 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「アジョシ」のイ・ジョンボム監督、チャン・ドンゴンがタッグを組んだ「泣く男」のメイキング映像が公開された。アクションシーンの撮影風景を盛り込みながら、誤って少女の命を奪ってしまった殺し屋を演じたチャン、イ監督らが撮影の裏側を語っている。

イ監督の4年ぶりとなる新作アクション。中国系組織に殺し屋として育てられたゴンが、少女を巻き添えにしてしまった罪の意識に葛藤(かっとう)しながら、少女の母親モギョンと向き合う姿を描く。

メイキング映像では、イ監督がチャンの起用理由を「この作品の主人公にとても合うと確信しました。線が太いながらも、心の奥底は柔らかく、柔弱なイメージがある人。そういったイメージが大切だと思いました」と説明。チャンは、悲しい過去を背負った殺し屋ゴンに扮し、「4~5カ月ほどアクションスクールに通って準備をしました。準備期間中には戦う相手役の俳優たちと何度も息を合わせて、数百回以上繰り返した気がします」と銃撃戦や肉弾戦、カーアクションなど激しい撮影に挑んでおり、訓練の様子などを見ることができる。

モギョン役のキム・ミニも、体当たりでアクションシーンに挑戦。「シナリオを面白く読んだのですが、モギョンという人物をつくり出してみたいと思いましたし、キャラクターがとても魅力的でひかれました。演技をするときはとてもつらかったです。感情のコントロールがとても大変でした」と振り返っている。

泣く男」は、10月18日から全国で公開。また本作の公開を記念し、10月11~31日に東京・新宿マルイアネックスで、メンズショップ店員によるゴンをイメージしたコーディネート展示、写真展が開催されることが決定した。

アジョシ スペシャル・エディション[DVD] アジョシ スペシャル・エディション[DVD] 最安価格: ¥3,116 心を通わせた少女を守るため、犯罪組織の闇と闘う男テシク。強く切ない“新たなるウォンビン”主演で描く感動のストーリー!
タイフーン[DVD] タイフーン[DVD] 最安価格: ¥3,113 二つの巨大な台風が発生。荒れ狂う海で、男達の宿命の対決が始まった…。チャン・ドンゴン、イ・ミヨン出演のスペクタクル・アクション映画が遂にDVD化!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi