映画版「ストロボ・エッジ」主題歌は「愛唄」!歌い手はLINEでオーディション : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年10月9日 > 映画版「ストロボ・エッジ」主題歌は「愛唄」!歌い手はLINEでオーディション
メニュー

映画版「ストロボ・エッジ」主題歌は「愛唄」!歌い手はLINEでオーディション

2014年10月9日 04:00

GReeeeNの大ヒット曲「愛唄」は主人公たちの心情にぴったり「ストロボ・エッジ」

GReeeeNの大ヒット曲「愛唄」は主人公たちの心情にぴったり
(C)2015映画「ストロボ・エッジ」
製作委員会 (C)咲坂伊緒/集英社
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 有村架純福士蒼汰の主演で、咲坂伊緒氏の人気漫画を実写映画化する「ストロボ・エッジ」(廣木隆一監督)が、2015年3月14日に公開されることが決定した。あわせて、同作の主題歌を歌唱するビッグチャンスをかけ、コミュニケーションアプリLINEを使用した一般オーディションが開催されることが発表された。

主題歌に起用されたのは、GReeeeNの代表曲「愛唄」。主人公の仁菜子が何気なく鼻歌を歌ったとき、好意を寄せる蓮も同じ曲を思い浮かべていた――という、原作のなかでも高い人気を誇るシーンを映画で表現するに際し、ふたりの思いがシンクロする楽曲として「愛唄」に白羽の矢が立てられた。2007年の連載当時の大ヒット曲で今もなお衰えない人気を誇ること、歌詞が主人公たちの心情に寄り添っているとことが、起用の理由だという。

同グループは劇中での使用を快諾しただけでなく、女性ボーカルをLINEで募集し、オーディションの優勝者が映画のエンディングで流れる主題歌バージョンを歌唱するという斬新なアイデアを提案。その結果、前代未聞の一大オーディション・プロジェクトが始動することになった。

GReeeeNのメンバーは、「映画プロデューサーからお話をいただいた際、『愛唄』が今でも男性も女性にも聞いてもらえていると言ってくださり、正直に嬉しく思いました」とコメント。「(原作が)世代を超え今でもたくさんの人に愛されている証拠だと感じます」と映画化されることも喜んでおり、「来春の公開を心待ちにしていますが、『愛唄』という楽曲が映画とともにどのように変化するかも楽しみにしています」と期待を込めた。GReeeeN版は挿入歌として劇中に登場する。

主題歌シンガー・オーディションの参加資格は、日本国内在住の15~29歳(2014年12月31日時点)の女性で、特定のプロダクション、レコード会社、出版社と契約していないことが条件。10月17日午後6時から10月19日午後11時59分までの間、GReeeeN LINE公式アカウントでON AIR機能が利用されるので、「愛唄」をアカペラで歌った動画を投稿することでエントリーが完了する。ユニバーサルミュージック、映画「ストロボ・エッジ」のオーディション担当者、GReeeeNメンバーらが審査し、10月末までに優勝者が決定する予定だ。参加資格やエントリー方法など、募集要項の詳細は、オーディション特設サイト(http://po.st/greeeenstrobe)で確認できる。

原作は、07~10年にかけて「別冊マーガレット」で連載された同名少女漫画で、単行本全10巻の累計発行部数が470万部を突破する人気作。有村が恋に奥手な高校1年生の仁菜子、福士が校内一の人気を集める同級生の蓮に扮し、山田裕貴佐藤ありさ入江甚儀黒島結菜らとともに、“登場人物全員が片思い”の切ない学園ラブストーリーを描き出す。

これ、PVでSHOWっ!!??[DVD] これ、PVでSHOWっ!!??[DVD] 最安価格: ¥2,617 GReeeeN初となるDVD作品。「道」「キセキ」ほか、これまでに作成されてきた楽曲のPVを全曲収録。
100回泣くこと Blu-ray&DVD愛蔵版 〈初回限定生産〉[Blu-ray/ブルーレイ] 100回泣くこと Blu-ray&DVD愛蔵版 〈初回限定生産〉[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,413 運命の再会を果たした男女の、最高に切なく美しいラブストーリー!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi