愛する者のために悪に身を捧ぐ!「ドラキュラZERO」本予告公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年10月8日 > 愛する者のために悪に身を捧ぐ!「ドラキュラZERO」本予告公開
メニュー

愛する者のために悪に身を捧ぐ!「ドラキュラZERO」本予告公開

2014年10月8日 13:15

実在の英雄をルーク・エバンス(左)が熱演!「ドラキュラZERO」

実在の英雄をルーク・エバンス(左)が熱演!
(C)Universal Pictures
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 実在の英雄伝説を基に、「なぜドラキュラは悪に身を捧げたのか?」を描くVFXアクション大作「ドラキュラZERO」の本予告編が、このほど公開された。

同作は、ホラー映画などの悪役として知られるドラキュラのモデルとなった、15世紀半ばのトランシルバニア(現ルーマニア中央北部)の君主ヴラド・ドラキュラを主人公に、人々に敬愛された指導者が強大な敵から民を守るために闇の力を手に入れ、苦しみながらも戦い続ける姿を描く。「ホビット 竜に奪われた王国」で弓矢の名手バルドを演じたルーク・エバンスが、ヴラド役としてシャープな肉体とスタイリッシュなアクションを披露。ヴラドがコントロールするコウモリの大群が、オスマン・トルコの軍勢を吹き飛ばすスペクタクルシーンも話題だ。

公開された予告編では、洞窟に住む謎の人物を訪れたヴラドが「愛する者を守るための力が欲しい」と願い、「百人力の強さと獣たちを支配する力」を手に入れるシーンを網羅。全身をコウモリの群れに変えて飛翔し、敵軍を退けながらも、日の光を浴びると肉体が焼けただれ、愛する妻に「いつものあなたはどこへ?」とさいなまれる。それでもなお妻と息子、民衆という愛する者を守ろうとする“英雄”の孤独と決意が伝わってくる内容が、これまでのドラキュラのイメージを一新させている。

出演はエバンスを筆頭に、「複製された男」「危険なメソッド」のサラ・ガドン、「リンカーン 秘密の書」「マンマ・ミーア!」のドミニク・クーパーら実力派が集結。今作が長編デビュー作ながらも、すでにメジャースタジオのユニバーサルと複数本の契約を結んでいるという新鋭ゲイリー・ショアがメガホンをとった。10月31日から全国公開。

【初回限定生産】ホビット 竜に奪われた王国 エクステンデッド・エ...[Blu-ray/ブルーレイ] 【初回限定生産】ホビット 竜に奪われた王国 エクステンデッド・エ...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - 「ロード・オブ・ザ・リング」3部作の監督が贈る、アクション・ファンタジー大作。森で遭遇した獰猛な巨大グモとの戦い、激流を下りながらのオークとの死闘、そして目覚める邪悪な竜<スマウグ>。竜から王国を取り戻すための壮絶な戦いが遂に始まる!
危険なメソッド[DVD] 危険なメソッド[DVD] 最安価格: ¥3,959 偉大な心理学者ユングとフロイトの軌跡を辿る、史実に基づいた物語。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi