荒井晴彦、終戦70年記念映画で18年ぶりメガホン!二階堂ふみ×長谷川博己が参戦 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年10月8日 > 荒井晴彦、終戦70年記念映画で18年ぶりメガホン!二階堂ふみ×長谷川博己が参戦
メニュー

荒井晴彦、終戦70年記念映画で18年ぶりメガホン!二階堂ふみ×長谷川博己が参戦

2014年10月8日 06:00

荒井晴彦監督作に主演する二階堂ふみと長谷川博己「この国の空」

荒井晴彦監督作に主演する二階堂ふみと長谷川博己
「この国の空」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 日本を代表する脚本家の荒井晴彦が、高井有一氏の谷崎潤一郎賞受賞作を映画化する「この国の空」で、「身も心も」(1997)以来約18年ぶりに監督を務めていることがわかった。吉本興業グループの新会社KATSU-doが終戦70周年記念映画として製作する今作は、二階堂ふみが主演するほか、長谷川博己工藤夕貴らが参戦し、撮影に臨んでいる。

戦争という時代を戦場ではなく、庶民の暮らしを繊細に、リアルに切り取って描く今作。終戦間近の東京を舞台に、母親(工藤)、叔母と暮らす19歳の里子(二階堂)は、戦局が悪化するなか、婚期を迎えながら結婚など望めそうもない状況下に不安を抱いているという設定だ。そんな里子が、妻子を疎開させながらも隣家に住む市毛(長谷川)の身の回りの世話を焼くことに生きがいを見出し、いつしか自らの中の「女」を目覚めさせていく姿を描く。

メガホンをとる荒井監督は、約30年前に原作を読み映画化を熱望したという。「この国の戦後は、戦争が終わってよかっただけでスタートしてしまったのではないだろうか。まるで空から降ってくる焼夷弾を台風のような自然災害のように思って、誰が戦争を始めたのか、そして誰がそれを支持したのかという戦争責任を問わずに来てしまったのではないだろうか。戦争が終わってバンザイじゃない娘を描くことで、この国の戦後を問えるのではないかと思った」。

京都で撮影中の二階堂は、「京都太秦撮影所での撮影は初めての経験なのですが、本気度の高いスタッフの方々とご一緒することができて嬉しいです。素敵な作品になるよう精一杯頑張ります」とコメントを寄せている。なお、9月16日に同所でクランクインし、10月中旬のオールアップを予定している。

この国の空」は、2015年に全国で公開。

身も心も[DVD] 身も心も[DVD] 最安価格: ¥3,759 全共闘世代の自己を端正なタッチで綴る大人の愛と官能の世界を奥田瑛二、かたせ梨乃、柄本明、永島暎子らが熱演。性につかまれた人間の哀しみを、壮絶なセックス描写で映し出す。
遠雷【HDニューマスター版】[Blu-ray/ブルーレイ] 遠雷【HDニューマスター版】[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,355 立松和平の野間文芸新人賞受賞作を、荒井晴彦の脚色で根岸吉太郎監督が映画化。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi