お笑い芸人・平野ノラ、「イフ・アイ・ステイ」試写で“バブル語アフレコ”披露 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年10月8日 > お笑い芸人・平野ノラ、「イフ・アイ・ステイ」試写で“バブル語アフレコ”披露
メニュー

お笑い芸人・平野ノラ、「イフ・アイ・ステイ」試写で“バブル語アフレコ”披露

2014年10月8日 13:55

バブル語を連発した平野ノラ「イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所」

バブル語を連発した平野ノラ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] クロエ・グレース・モレッツ主演作「イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所」の特別試写会が10月7日、都内で行われ、お笑い芸人・平野ノラと涙活プロデューサー・寺井広樹氏がトークショーに出席した。バブル期をほうふつとさせる芸風でブレイク中の平野は、この日も「ボディコンスーツ」「ソバージュ」「太眉」のファッションで登場。劇中のワンシーンを「おったまげのぶっとび! そんなバナナってカンジ!」「マブいっしょ」などの“バブル語”でアフレコし、客席を喜ばせていた。

意識的に泣くことで心のデトックスをはかる“涙活”を推奨する寺井氏は、本作を“感涙映画”に認定。「涙を一粒流すだけで、ストレス解消効果が1週間続くことが医学的に証明されている」と説明し、「今日参加いただいている皆様はラッキーですね。ストレスフリーな状態が、これから1週間続く」と語った。平野も「3リットルいったんじゃないかしら」と号泣したことを明かし「今日は『泣こう』という気持ちで、たくさんデトックスして」と観客に呼びかけていた。

イフ・アイ・ステイ 愛が還る場所」は、世界34カ国で出版されたゲイル・フォアマン氏のベストセラー小説「ミアの選択」を映画化したヒューマンドラマ。温かい家族と恋人に囲まれ、幸福に暮らしていた17歳のミア(モレッツ)だったが、ある雪の日に事故に巻き込まれ天涯孤独の身になってしまう。自身も昏睡状態となり、これまでの人生を振り返りながら、ミアは生死の選択を迫られていく。10月11日から全国公開。

早熟のアイオワ[DVD] 早熟のアイオワ[DVD] 最安価格: ¥3,036 真実の愛を求め恋愛遍歴を重ねる男ニシノユキヒコの生きざまを描く、芥川賞作家・川上弘美の連作短編集を映画化したラブストーリー。
モールス[Blu-ray/ブルーレイ] モールス[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,391 俊英マット・リーヴス監督が作り上げた、スウェーデン映画『ぼくのエリ 200歳の少女』のハリウッド版。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi