【全米映画ランキング】D・フィンチャー監督「ゴーン・ガール」がV。「死霊館」のスピンオフが2位デビュー : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年10月7日 > 【全米映画ランキング】D・フィンチャー監督「ゴーン・ガール」がV。「死霊館」のスピンオフが2位デビュー
メニュー

【全米映画ランキング】D・フィンチャー監督「ゴーン・ガール」がV。「死霊館」のスピンオフが2位デビュー

2014年10月7日 20:30

首位デビューを果たした「ゴーン・ガール」「死霊館」

首位デビューを果たした「ゴーン・ガール」
(C)2014 Twentieth Century Fox
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 3本の新作がランクインした先週末の全米ボックスオフィスは、デビッド・フィンチャー監督&ベン・アフレック主演の「ゴーン・ガール」と、昨年夏の大ヒットホラー「死霊館」のスピンオフ「Annabelle」が激しい首位争いを繰り広げ、僅差で「ゴーン・ガール」が勝利し、首位デビューを飾った。

約3800万ドルのオープニング興収で首位に立った「ゴーン・ガール」はギリアン・フリン氏の同名ベストセラー小説を映画化したサスペンスドラマ。ニューヨークで失業し、故郷のミズーリで静かに暮らしていたダン夫妻の妻エイミーが結婚5周年の記念日に謎の失踪をとげる。事件当初は世間から同情を誘う夫ニックだったが、家に争った形跡があったことや確かなアリバイがないことなどから、警察やマスコミから嫌疑をかけられ始め、ニックは自身の潔白を証明するために事件を調べ始める……というストーリー。「セブン」「ファイト・クラブ」「ソーシャル・ネットワーク」と現在のハリウッドで常に注目を集め続ける鬼才フィンチャーの新作とあって、製作開始当初から高い期待を寄せられていた同作だが、その期待に応え、批評家受けは上々。本年度のアカデミー賞ノミネートも有力視される好スタートをきった。

今作で10作目となるフィンチャー監督作品でも「ベンジャミン・バトン 数奇な人生」(2008年/約2690万ドル)や「パニック・ルーム」(02年/約3050万ドル)を超え、歴代最高のオープニング興収を記録している。製作は「ファイト・クラブ」でもフィンチャーと組んだ大物製作者アーノン・ミルチャン。共演にロザムンド・パイクタイラー・ペリーニール・パトリック・ハリス

オープニング興収約3720万ドルで惜しくも首位デビューを逃したのは、「Annabelle」。「死霊館」の冒頭に登場した人形アナベルの呪われた過去が描かれるプリクエルで、同作には「死霊館」の主役エド&ロレイン・ウォーレン夫妻(パトリック・ウィルソンベラ・ファーミガ)は登場しない。呪われた人形の恐怖を描くという手垢のついたストーリーのためか、「死霊館」とは打って変わって、批評家からは厳しいレビューが多く寄せられている。主演はイギリス出身の美人女優アナベル・ウォーリス。監督は「死霊館」「インシディアス」などのジェームズ・ワン作品を手がけてきたベテラン撮影監督のジョン・R・レオネッティ。ちなみにウォーレン夫妻が主役を務める「死霊館」の続編「The Conjuring 2: The Enfield Poltergeist」は来年10月に全米公開予定。

3位は前週首位だったデンゼル・ワシントン主演「イコライザー」。約1900万ドルの興収で累計は約6400万ドルに。最終興収は1億ドル超といったところか。

そして、オープニング興収約680万ドルで6位デビューとなったのは、ニコラス・ケイジ主演の宗教スリラー「Left Behind」。新約聖書に登場する「ヨハネ黙示録」の預言が実現されていく近未来世界の混乱が描かれる。レビューは厳しいものが多く、近年低空飛行が続くケイジとしては、またしても批評、興行の両面での成功を逃してしまった。

その他、圏外ではボリウッド映画「Bang Bang」が12位に、「ゴーン・ガール」では共同プロデューサーを務めたリース・ウィザースプーン主演のドラマ「ザ・グッド・ライ(原題)」が13位に入った。

今週末は、ロバート・ダウニー・Jr.ロバート・デュバル主演のドラマ「ザ・ジャッジ(原題)」、ルーク・エバンス主演のアクションホラー「ドラキュラZERO」に、スティーブ・カレル主演のディズニー実写作品「Alexander and the Terrible, Horrible, No Good, Very Bad Day」などが公開となる。

死霊館[Blu-ray/ブルーレイ] 死霊館[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥982 『ソウ』のジェームズ・ワン監督作、実話に基づき人間の耐え得る限界を超えた凶暴な恐怖を描く衝撃作。
ソーシャル・ネットワーク[Blu-ray/ブルーレイ] ソーシャル・ネットワーク[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,490 世界を席巻する若き天才の素顔を、鬼才デヴィッド・フィンチャー監督が暴く!若き億万長者・世界最大のSNS“facebook”のCEO、マーク・ザッカーバーグのサクセス・ストーリー!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi