遊郭・娼館が舞台の映画を集めた特集上映「花街の女たち」開催 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年10月4日 > 遊郭・娼館が舞台の映画を集めた特集上映「花街の女たち」開催
メニュー

遊郭・娼館が舞台の映画を集めた特集上映「花街の女たち」開催

2014年10月4日 14:30

「花宵道中」ポスタービジュアル「花宵道中」

「花宵道中」ポスタービジュアル
(C)2014 東映ビデオ
[拡大画像]

[映画.com ニュース]安達祐実が20年ぶりに映画主演を果たした「花宵道中」の公開を記念して、遊郭・娼館を舞台にした名作を集めた特集上映「花街の女たち」が東京・テアトル新宿で開催される。11月8~21日の期間限定レイトショー企画で、すべての作品が35mmフィルムでの上映となる貴重な特集だ。

上映タイトルは川島雄三監督「幕末太陽傳」(1957)と鈴木清順監督「肉体の門(1964)」、溝口健二監督「赤線地帯」(56)五社英雄監督「陽暉楼」(83)、「吉原炎上」(87)、「肉体の門(1988)」、新藤兼人監督「墨東綺譚」(92)の7作品がラインナップされており、往年の名作がスクリーンでよみがえる。

映画「花宵道中」は、12万部のベストセラーとなった宮木あや子氏の同名小説を豊島圭介監督のメガホンで映画化。花形の花魁となった朝霧(安達)が、年季明けの1年前に出会った染物職人の半次郎(淵上泰史)と互いに思いを募らせながら、生きる道を模索する姿を描く。芸能生活30周年を迎える安達がフルヌードの濡れ場に挑んでいることでも話題となっている。11月8日から全国で公開。

幕末太陽傳 デジタル修復版 Blu-ray プレミアム・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 幕末太陽傳 デジタル修復版 Blu-ray プレミアム・エディション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,635 古典落語「居残り佐平次」や「品川心中」などを元に巨匠・川島雄三監督が描いた、軽妙洒脱な笑いと鋭い時代風刺が光る幕末青春群像作品。
肉体の門[DVD] 肉体の門[DVD] 最安価格: ¥2,430 昭和22年の米軍占領下の東京を舞台に、肉体の他には何一つ失うものがなく、何一つ売るものも持たない女たちの愛と戦いを描いた衝撃作「肉体の門」をパッケージ化。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi