「ロミオとジュリエット」オリビア・ハッセー&L・ホワイティングが46年ぶり共演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年10月2日 > 「ロミオとジュリエット」オリビア・ハッセー&L・ホワイティングが46年ぶり共演
メニュー

「ロミオとジュリエット」オリビア・ハッセー&L・ホワイティングが46年ぶり共演

2014年10月2日 14:50

「ロミオとジュリエット(1968)」の一場面「ロミオとジュリエット(1968)」

「ロミオとジュリエット(1968)」の一場面
写真提供:アマナイメージズ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] フランコ・ゼフィレッリ監督作「ロミオとジュリエット(1968)」でタイトルロールを演じて人気を博した英俳優レナード・ホワイティングと英女優オリビア・ハッセーが、同作以来46年ぶりとなる共演を果たすことがわかった。

米ハリウッド・レポーターによれば、ホワイティングとハッセーが共演するのは、現代版「ロミオとジュリエット」という設定の新作映画「Social Suicide(原題)」。インターネットとSNSの時代を背景に、ティーンエイジャーの恋人たちの無理心中事件を描く。

ホワイティングとハッセーは、ヒロインのジュリア(ジュリエット)の両親(キャピュレット家)を演じる。また、ジュリア役には、ハッセーの実娘インディア・アイズリーが起用されている。ロミオ役は未定。ブルース・ウェブがメガホンをとり、2015年前半の公開を目指している。

ロミオとジュリエット(1968)」の公開当時、原作の年齢設定に近い15歳のハッセーと17歳のホワイティングの初々しい美しさは高く評価された。ハッセーは、その後布施明と結婚(のちに離婚)するなど、日本での知名度も高い。ハッセーは03年の「マザー・テレサ」ほか映画を中心に、ホワイティングは舞台を中心に活動を続けている。

ロミオとジュリエット[Blu-ray/ブルーレイ] ロミオとジュリエット[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,460 激しく対立する両家に生まれた男女の悲恋を描いた、ウィリアム・シェークスピア原作による名作小説を映画化した切ないラブ・ストーリー作品。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi