「ロミオとジュリエット」オリビア・ハッセー&L・ホワイティングが46年ぶり共演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年10月2日 > 「ロミオとジュリエット」オリビア・ハッセー&L・ホワイティングが46年ぶり共演
メニュー

「ロミオとジュリエット」オリビア・ハッセー&L・ホワイティングが46年ぶり共演

2014年10月2日 14:50

「ロミオとジュリエット(1968)」の一場面「ロミオとジュリエット(1968)」

「ロミオとジュリエット(1968)」の一場面
写真提供:アマナイメージズ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] フランコ・ゼフィレッリ監督作「ロミオとジュリエット(1968)」でタイトルロールを演じて人気を博した英俳優レナード・ホワイティングと英女優オリビア・ハッセーが、同作以来46年ぶりとなる共演を果たすことがわかった。

米ハリウッド・レポーターによれば、ホワイティングとハッセーが共演するのは、現代版「ロミオとジュリエット」という設定の新作映画「Social Suicide(原題)」。インターネットとSNSの時代を背景に、ティーンエイジャーの恋人たちの無理心中事件を描く。

ホワイティングとハッセーは、ヒロインのジュリア(ジュリエット)の両親(キャピュレット家)を演じる。また、ジュリア役には、ハッセーの実娘インディア・アイズリーが起用されている。ロミオ役は未定。ブルース・ウェブがメガホンをとり、2015年前半の公開を目指している。

ロミオとジュリエット(1968)」の公開当時、原作の年齢設定に近い15歳のハッセーと17歳のホワイティングの初々しい美しさは高く評価された。ハッセーは、その後布施明と結婚(のちに離婚)するなど、日本での知名度も高い。ハッセーは03年の「マザー・テレサ」ほか映画を中心に、ホワイティングは舞台を中心に活動を続けている。

ロミオとジュリエット[Blu-ray/ブルーレイ] ロミオとジュリエット[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,486 激しく対立する両家に生まれた男女の悲恋を描いた、ウィリアム・シェークスピア原作による名作小説を映画化した切ないラブ・ストーリー作品。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

注目情報

映画ニュースアクセスランキング

※映画ニュースのアクセス数(更新日別)を元に集計 映画ニュースアクセスランキングをもっと見る

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi