被ばくから子どもを守る母たちのドキュメンタリー「小さき声のカノン」公開決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年10月1日 > 被ばくから子どもを守る母たちのドキュメンタリー「小さき声のカノン」公開決定
メニュー

被ばくから子どもを守る母たちのドキュメンタリー「小さき声のカノン」公開決定

2014年10月1日 07:10

「小さき声のカノン」ポスター画像「小さき声のカノン 選択する人々」

「小さき声のカノン」ポスター画像
(C)ぶんぶんフィルムズ
[拡大画像]

[映画.com ニュース]2011年の福島原発事故前から一貫して「核・被ばく」を描いてきた、鎌仲ひとみ監督の最新ドキュメンタリー映画「小さき声のカノン 選択する人々」の公開が決定した。

“核をめぐる三部作”として国内外で高い評価を受けた「ヒバクシャ 世界の終わりに」「六ヶ所村ラプソディー」「ミツバチの羽音と地球の回転」に続き、被ばくの現実を映し出す。1986年のチェルノブイリ原発事故と11年の福島原発事故後、日本とベラルーシの普通の主婦たちが「泣いていても何も変わらない」と勇気をもって声をあげ、自分たちの暮らしや子どもたちの命を守ろうとする姿をとらえる。

このほど公開されたポスターには、「希望はここにある」のキャッチコピーと共に、福島の美しい田園風景と守るべき子どもたちの姿が描かれており、母たちの優しくも強い決意が伝わってくる仕上がりとなっている。また、製作にあたり行ったクラウドファンディングには、国内外の多くの賛同者から約500万円(14年6月1日~9月26日)が寄付金として集まり、同作への関心の強さを伺わせる。

「小さき声のカノン」は、2015年早春シアター・イメージフォーラムほか全国順次公開。

ヒバクシャ 世界の終わりに[DVD] ヒバクシャ 世界の終わりに[DVD] 最安価格: ¥2,851 日本のみならず、世界の被爆者の声を収めたドキュメンタリー作品。イラク、アメリカ、そして日本と被爆者の本当の声が届けられる。
六ヶ所村ラプソディー[DVD] 六ヶ所村ラプソディー[DVD] 最安価格: ¥4,158 青森県六ヶ所村の核燃料再処理工場を背景に、六ヶ所村や隣接する村々の人々の生活に迫るドキュメンタリー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi