1930年代にハリウッドサインから飛び降りた女優の実話が映画化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年9月29日 > 1930年代にハリウッドサインから飛び降りた女優の実話が映画化
メニュー

1930年代にハリウッドサインから飛び降りた女優の実話が映画化

2014年9月29日 22:45

ハリウッドのシンボル「ハリウッドサイン(HOLLYWOOD)」「ラッシュアワー」

ハリウッドのシンボル「ハリウッドサイン(HOLLYWOOD)」
Photo:TSUNI/GAMMA-USA/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 1932年、ハリウッドのシンボルともいえる「ハリウッドサイン(HOLLYWOOD)」のHの文字の上から投身自殺した、女優ペグ・エントウィスルの物語が映画化されることになった。

米Deadlineによれば、「ラッシュアワー」シリーズのアーサー・サルキシアンがプロデュースを手がけ、「アメリカン・ヒストリーX」のトニー・ケイが脚本と監督を務める。キャストは未定。

1908年にイギリス、ウェールズで生まれたエントウィスルは、アメリカに移住後、ブロードウェイで舞台女優として活躍する。その後映画女優を目指してハリウッドに向かうが、ようやく端役を得たデビッド・O・セルズニック製作の「Thirteen Woman」から、自分のシーンが完全にカットされたことを知って悲観してか、同作の公開直後に投身自殺をはかったとされる。エントウィスルの遺体は32年9月18日、ハリウッドサインの下で発見された。享年24歳だった。

この事件以降、ハリウッドサイン付近でエントウィスルの幽霊が出るといった話が伝えられるようになった。またこの一件は、実験映画の巨匠ケネス・アンガーが、黄金時代のハリウッドのダークサイドとスキャンダルを綴った奇書「ハリウッド・バビロン」でも取り上げられている。

ラッシュアワー[Blu-ray/ブルーレイ] ラッシュアワー[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,167 クリス・タッカーとジャッキー・チェンの競演で贈る、口達者なLAの刑事と腕利き香港刑事の異色コンビが巻き起こすノンストップアクション。
アメリカン・ヒストリーX[Blu-ray/ブルーレイ] アメリカン・ヒストリーX[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,190 父親を殺されてしまった兄弟の悲劇的な人生を描くドラマ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi