電通、米コバリオ社のエージェンシー部門買収 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年9月24日 > 電通、米コバリオ社のエージェンシー部門買収
メニュー

電通、米コバリオ社のエージェンシー部門買収

2014年9月24日 07:10

[映画.com ニュース] 電通の海外本社「電通イージス・ネットワーク」はこのほど、米国の総合デジタルエージェンシー「コバリオ社」(本社サンディエゴ市)のエージェンシー部門を、同社株主から取得することで合意したと発表した。同社には、総合デジタルサービスを行っているエージェンシー部門と、分析ツールを開発しているソフトウェア部門があるが、今回の買収は、エージェンシー部門を対象にしたもの。

コバリオ社は2006年に設立された総合デジタルエージェンシーで、そのエージェンシー部門は、特にSEM(検索エンジン・マーケティング)やソーシャルメディア、コンテンツ・マーケティング領域のビジネスに定評がある。

買収完了後、コバリオ社は、世界40カ国に展開する電通グループのデジタル・パーフォマンス・マーケティング・エージェンシーであるiProspect(アイプロスペクト)の米国拠点(現在はボストン、ニューヨーク、シカゴ、デトロイト、サンフランシスコ、フォートワースに拠点)として営業するほか、コバリオ社が本社を置く西海岸においてはグループ各社との連携を強化することで、顧客向けサービスの向上を図る。(文化通信)

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi