ゴスペラーズ、「ザ・フォー・シーズンズ」の大ヒット曲を生熱唱! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年9月22日 > ゴスペラーズ、「ザ・フォー・シーズンズ」の大ヒット曲を生熱唱!
メニュー

ゴスペラーズ、「ザ・フォー・シーズンズ」の大ヒット曲を生熱唱!

2014年9月22日 19:00

「シェリー」の生披露で沸かせた結成20周年のゴスペラーズ「ジャージー・ボーイズ」

「シェリー」の生披露で沸かせた結成20周年のゴスペラーズ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] ボーカルグループ「ゴスペラーズ」の北山陽一黒沢薫酒井雄二村上てつや安岡優が9月22日、名匠クリント・イーストウッド監督の最新作「ジャージー・ボーイズ」の公開記念トークイベントに出席。伝説の米ポップスグループ「ザ・フォー・シーズンズ」の栄光と挫折を描いた本作に感銘を受けたメンバーは、最新アルバム「The Gospellers Now」でもカバーしている同グループの大ヒット曲「シェリー(Sherry)」を生披露し、客席を沸かせた。

北山は、「僕らも5人グループなので、映画でグループがどう描かれるのかが気になっていたけれど、それぞれのキャラクターがきちんと尊重されていた。彼らは紆余曲折あって再会するけれど、良い和音が鳴るとお互い(嫌なことも)なかったことにできるもの」と共感しきり。酒井も、同作を通じて名曲「君の瞳に恋してる(Can't Take My Eyes Off You)」が生まれた経緯を知り、「能天気で明るい歌かと思っていたけれど、あんな悲しい気持ちが込もっていたなんて」と知られざる秘話に胸を打たれていた。

ゴスペラーズでは、ザ・フォー・シーズンズのような裏切りや反目はなかったそう。黒沢は「『あ、こいつは今日調子悪いんだな』って思っても、いちいち言葉で確認しない。それは本人がよくわかっていること。あえて何も言わない」と固く結ばれた男の絆を明かした。

今年で結成20周年を迎えるゴスペラーズ。安岡は、「言葉にすると長いけどあっという間だった。きらびやかな舞台だけじゃなく、部屋で5人でハーモニー練習をしたりしたことなど、5人のいろいろな思い出があって今につながっている」と感慨深げ。リーダーの村上も、「これからも“普通”に続けていきたい。もし今後何かトラブルがあったら、『ジャージー流だ!』って笑うことにする(笑)」と冗談交じりに決意をにじませた。

ミリオンダラー・ベイビー」「グラン・トリノ」の名匠イーストウッド監督が、2006年トニー賞でミュージカル作品賞を含む4部門を受賞した人気ブロードウェイミュージカルを映画化。60年代に絶大な人気を誇った「ザ・フォー・シーズンズ」メンバーの成功や挫折、家族愛や友情を大ヒットナンバーの数々とともに描き出す。ミュージカル版のジョン・ロイド・ヤングが映画版でも主演を務める。9月27日から全国公開。

荒野の用心棒 完全版 製作50周年Blu-rayコレクターズ・エ...[Blu-ray/ブルーレイ] 荒野の用心棒 完全版 製作50周年Blu-rayコレクターズ・エ...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥6,516 『荒野の用心棒』製作50周年&セルジオ・レオーネ生誕85周年記念!傑作マカロニ・ウエスタン『荒野の用心棒』が完全版として登場!
【初回生産限定スペシャル・パッケージ】ダーティハリー[Blu-ray/ブルーレイ] 【初回生産限定スペシャル・パッケージ】ダーティハリー[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥971 サンフランシスコ警察殺人課のハリー・キャラハン。犯罪者への執念と非情なやり方で“ダーティ・ハリー”と呼ばれる刑事の活躍を描いたポリスアクションの傑作。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi