米映画界で映画版を自ら脚色する原作者が増加 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年9月21日 > 米映画界で映画版を自ら脚色する原作者が増加
メニュー

米映画界で映画版を自ら脚色する原作者が増加

2014年9月21日 16:50

「ゴーン・ガール」の一場面「ゴーン・ガール」

「ゴーン・ガール」の一場面
(C)2014 Twentieth Century Fox
[拡大画像]

[映画.com ニュース]アメリカの映画界で、映画版を自ら脚色する小説家が増えているとバラエティが報じている。

デビッド・フィンチャー監督の最新作「ゴーン・ガール」は、ギリアン・フリンによる同名ベストセラー小説の映画化だが、映画版の脚本もフリンが執筆。また、同時期に全米公開されるジョナサン・トッパー原作の「This is Where I Leave You」(ショーン・レビ監督)、デニス・ルヘイン原作の「The Drop」(ミヒャエル・R・ロスカム監督)も、それぞれ原作者が映画脚本を執筆している。

自由度の高い小説とは異なり、映画脚本は構造や長さで制約があるため、ハリウッドでは脚色をプロの脚本家に委託するのが当たり前になっている。しかし、ルヘインとトッパーはテレビドラマの脚本執筆の経験があり、フリンはもともとエンターテイメント・ウィークリー紙のテレビ記者の経験があることから、映画脚本の執筆が可能だったという。

これらの映画が成功すれば、今後、脚本執筆を手がける小説家は増えそうだ。

ハウス・オブ・カード 野望の階段 SEASON 2 DVD Complete Pac...[DVD] ハウス・オブ・カード 野望の階段 SEASON 2 DVD Complete Pac...[DVD] 最安価格: ¥8,547 手にするはずだった権力を逃した男が、その怒りと失意を政界のパワーゲームにぶつける姿を描く大作ドラマシリーズ。
ドラゴン・タトゥーの女[DVD] ドラゴン・タトゥーの女[DVD] 最安価格: ¥1,000 2005年にスウェーデンで刊行され、瞬く間に世界的ベストセラーとなった人気謎解きミステリーを、『セブン』のデヴィッド・フィンチャー監督によって映像化!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi