リーアム・ニーソン&U2ボノ、新作映画の脚本でコラボレート : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年9月20日 > リーアム・ニーソン&U2ボノ、新作映画の脚本でコラボレート
メニュー

リーアム・ニーソン&U2ボノ、新作映画の脚本でコラボレート

2014年9月20日 12:15

リーアム・ニーソンとU2ボノ

リーアム・ニーソンとU2ボノ
写真:Startraks/アフロ、写真提供:アマナイメージズ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] リーアム・ニーソンが、U2のボノと共同で映画脚本を執筆していることを英インディペンデント紙に語った。

作品は、1970年代に隆盛したアイルランドのショーバンドにヒントを得たもので、ニーソンはボノとのコラボレートについて「話し合ったり、またはほとんど私が聞き役に回っている。彼(ボノ)は素晴らしい男だ。彼が脚本のアイデアを持っていて、もう6年も一緒に取り組んでいるんだよ」とコメントした。

北アイルランド出身のニーソンは、ダブリン出身のボノと古くからの友人で、2009年に妻で女優のナターシャ・リチャードソンさんをスキー事故で亡くした際、悲しみに暮れるニーソンと息子たちをボノがサポートしてくれたと明かしている。

U2は先頃、アップルの新型iPhoneの発表会で、iTunesのユーザーを対象に5年ぶりとなる新アルバム「Songs of Innocence」を無料配信すると発表し、1週間で3300万人がダウンロードした。

ニーソンは、ローレンス・ブロック原作のマット・スカダーシリーズ第10作「獣たちの墓」を映画化したハードボイルド「ア・ウォーク・アマング・ザ・トゥームストーンズ(原題)」に主演しており、9月19日から全米公開される。

シンドラーのリスト[Blu-ray/ブルーレイ] シンドラーのリスト[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,391 ナチズムが布かれるドイツ軍によって侵攻された第二次世界大戦下のポーランド南部の都市クラクフを舞台に、1,200人のユダヤ人を虐殺から救った実在のドイツ人実業家、オスカー・シンドラーの姿を描いた作品。
U2・360°・アット・ザ・ローズ・ボール-デラックス・エディション[DVD] U2・360°・アット・ザ・ローズ・ボール-デラックス・エディション[DVD] 最安価格: ¥4,412 ステージ総重量390トン、容量トラック180台分、設営4日間、装置搬入2日間を要するU2史上最大ツアーをDVD化!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi