「ジャージー・ボーイズ」にイーストウッド監督も登場していた!? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年9月16日 > 「ジャージー・ボーイズ」にイーストウッド監督も登場していた!?
メニュー

「ジャージー・ボーイズ」にイーストウッド監督も登場していた!?

2014年9月16日 19:00

主要キャスト陣を演出中のイーストウッド監督(中央)「ジャージー・ボーイズ」

主要キャスト陣を演出中のイーストウッド監督(中央)
(C)2014 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.
AND RATPAC ENTERTAINMENT
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 伝説のポップスグループ「ザ・フォー・シーズンズ」を題材に、名曲「君の瞳に恋してる」誕生の裏に隠された4人の若者たちの栄光と挫折を描く感動作「ジャージー・ボーイズ」で、メガホンをとった名匠クリント・イーストウッドが、意外な形でスクリーンに登場していることが分かった。

イーストウッド監督が、「“ヒッチコック的シーン”だよね(笑)。ボブ・ゴーディオ役のエリック・バーゲンと話しているなかで出てきたアイデアだった。一度、そのアイデアを頭から払いのけたが、女性スタッフに先手を打たれてしまって使用したんだよ。私は『まあいい、我慢しよう』とだけ言ったよ(笑)」と振り返るのは、白黒テレビにイーストウッドの出演作が一瞬だけ流れる場面。監督に専念した作品に自らの姿が登場するのは、監督デビュー以来43年目にして初のこと。ファンなら見逃せない瞬間だ。

ザ・フォー・シーズンズが「シェリー」「恋のヤセがまん」の大ヒットでスターダムを駆け上がった60年代前半は、鳴かず飛ばずの俳優だったイーストウッドが映画界で名を上げようと奮闘し、世界的な注目を集めはじめたのと同時代。劇中で登場する30代の若き日の姿に、「あの作品は、彼らの活躍と同じ時期。私はそれまでつまらない役を何年もやっていて、初めてのいい作品だったんだ。おかげで多くの経験を積み、さまざまな監督と組むチャンスをもらった」とコメントを寄せている。

ジャージー・ボーイズ」は、演劇界の最高峰トニー賞を受賞し、全世界で2000万人の観客を動員した大ヒットミュージカルが原案のヒューマンドラマ。数々の名曲のハーモニーとともに、喜びと悲しみが入り交じった人生というものを浮き彫りにしていく。リードボーカリストのフランキー・バリ役を、ブロードウェイ版に主演してトニー賞に輝いたジョン・ロイド・ヤングが再び演じたほか、クリストファー・ウォーケンがバリをバックアップするマフィア役で存在感を放っている。9月27日から全国公開。

クリント・イーストウッド ブルーレイ・コレクション[Blu-ray/ブルーレイ] クリント・イーストウッド ブルーレイ・コレクション[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥7,917 クリント・イーストウッド俳優デビュー60周年記念!初期代表作6作品を収録したBlu-rayBOXが登場!
【初回生産限定スペシャル・パッケージ】人生の特等席[Blu-ray/ブルーレイ] 【初回生産限定スペシャル・パッケージ】人生の特等席[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,080 俳優、監督として活躍しているクリント・イーストウッドが、およそ4年ぶりに主演を務めた感動作。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi