叶美香「結構ノッていた」園子温監督とレディ・ガガの来日公演に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年9月13日 > 叶美香「結構ノッていた」園子温監督とレディ・ガガの来日公演に
メニュー

叶美香「結構ノッていた」園子温監督とレディ・ガガの来日公演に

2014年9月13日 18:45

窪塚洋介と叶美香「TOKYO TRIBE」

窪塚洋介と叶美香
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 園子温監督の最新作「TOKYO TRIBE」のヒット御礼トークショーが行われ、劇中で共演した窪塚洋介叶美香が出席した。俳優、ラッパー、芸人などバラエティ豊かな“異業種”キャストが揃った現場は「もうカオスそのもの」(窪塚)。美香は「園監督がLINEで『最近、元気がない』とおっしゃっていたので、姉(叶恭子)がレディ・ガガのコンサートに誘った。当日、姉はデートに行ってしまい、私がご一緒したが、結構、元気にノッていた」と明かしていた。

近未来の東京を舞台に、「ブクロWU-RONZ」「ムサシノSARU」ら数々のトライブ(族)が繰り広げるルール無用の縄張り争いを、「出演者がセリフをラップで奏でる」という大胆な手法で描く“バトル・ラップ・ミュージカル”。1990年代のストリートカルチャーを代表する井上三太氏の大ヒット漫画を映画化した。

ラッパーとしても活動する窪塚は、「今まで見たことがない感覚。怪物ができた」を作品に手応え十分。「ブクロWU-RONZ」を裏で操る帝王ブッバ(竹内力)の息子ンコイ役で、三つ編みがトレードマークのサディスティックな男という役どころ。「まじめにひた向きに生きていたけど、最近は社会不適合者の役ばかり(笑)。みんなにそういうイメージをもたれているのが、ヒシヒシ伝わる」と嘆き節を見せ、「まっとうな役も待っています」とアピールした。

一方、美香はブッバの妻・エレンディアを怪演しており、「少し精神を病んでいて、母でもなく妻でもなく、異空間で生きる女性をどう演じたらいいか悩んだ」。撮影現場には恭子も駆けつけ、園監督に代わり、美香の出演シーンを“演出”していたそうで、窪塚は「エレンディアという女性は、恭子さんと美香さんのふたりでひとりなんだと思った」と述懐。美香本人は「一見ストーリーがない作品だが、世界に通用するピースフルでハートフルなメッセージがこめられている」と話していた。

愛のむきだし[DVD] 愛のむきだし[DVD] 最安価格: ¥4,155 園子温監督が、実話をベースに描く究極の純愛物語。
地獄でなぜ悪い(コレクターズ・エディション)[Blu-ray/ブルーレイ] 地獄でなぜ悪い(コレクターズ・エディション)[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - 。日本映画界を支える名優、園組常連、まさかのキャスティングで贈る、園子温監督によるバイオレンス・アクション・ラブコメディが誕生!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • LOGAN ローガンの評論 LOGAN ローガン ヒュー・ジャックマンが17年間追い求めてきた魂の最終形がここにある
  • 20センチュリー・ウーマンの評論 20センチュリー・ウーマン 世代の違う三人の個人史として描かれる女性史。演じる女優が素晴らしい!
  • 美しい星の評論 美しい星 原作に真っ向から対峙しつつ巧みに脚色。吉田大八の永年の夢は見事に成就した
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

(有)トライワークス

「とにかく映画が好きだ!という方」「編集・取材に興味あり!という方」ぜひご...

職種編集・取材スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi