坂口杏里、主演映画公開で感涙「本当に頑張りました」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年9月13日 > 坂口杏里、主演映画公開で感涙「本当に頑張りました」
メニュー

坂口杏里、主演映画公開で感涙「本当に頑張りました」

2014年9月13日 18:30

号泣する坂口杏里「ハニー・フラッパーズ」

号泣する坂口杏里
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 六本木の夜の世界を描いた映画「ハニー・フラッパーズ」が9月13日、公開初日を迎え、主演の坂口杏里らが東京・シネマート六本木で行われた舞台挨拶に出席した。

坂口は、共演の川村ゆきえ森下悠里岸明日香杏さゆり折井あゆみ、紗綾、笹木恵水監督と共に登壇。坂口と森下は劇中のキャバクラ嬢さながら、劇場入り口で観客へのシャンパンサービスを行い、観客、キャスト全員と乾杯して初日を祝福。駆けつけたファンを喜ばせた。

「みなさん、すごくお天気が良いなか、お足元を運んでくれてありがとうございます!」とトンチンカンな挨拶を始めた坂口に、会場からは笑い声が。しかし自身を役柄に重ね合わせ、「ひよっこがどんどん上りつめていく物語。本当に等身大の私です。本当に頑張りました」と号泣。無事初日を迎えたことに安どの表情を見せた。

また、先日行われた同作のイベントをデング熱のために欠席した紗綾は、「ご迷惑をおかけしてすみませんでした。今日は公開初日に立ち会うことが出来て本当に嬉しいです。もう元気になりました!」と全快を改めて報告。森下は「水商売をしていた時のNo.1だった女の子や、あこがれのママさんのことを思い出しながら演じました」と自らの過去を振り返り、感慨深げに語った。

サプライズとしてキャストの精巧なフィギュアを手渡されると、全員声をそろえて「すごーい!」と盛り上がりは最高潮に。泣いていた坂口も、最後は満面の笑顔で映画をアピールしていた。

ハニー・フラッパーズ」は、六本木の「クラブ・ハニー」でアルバイトを始めた女子大生の目を通して、キャバクラの世界で巻き起こる女の戦いを描く。

発足!ギャル内閣[DVD] 発足!ギャル内閣[DVD] 最安価格: ¥3,175 見れば誰もが政治家に!?はちゃめちゃな展開なのに、ちょっと勉強にもなっちゃう新感覚社会派コメディ。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi