染谷将太×前田敦子「さよなら歌舞伎町」がトロントで世界初披露 廣木隆一監督が歌舞伎町への思い語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年9月11日 > 染谷将太×前田敦子「さよなら歌舞伎町」がトロントで世界初披露 廣木隆一監督が歌舞伎町への思い語る
メニュー

染谷将太×前田敦子「さよなら歌舞伎町」がトロントで世界初披露 廣木隆一監督が歌舞伎町への思い語る

2014年9月11日 19:20

舞台挨拶に登壇した廣木隆一監督「さよなら歌舞伎町」

舞台挨拶に登壇した廣木隆一監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 染谷将太前田敦子が初共演した「さよなら歌舞伎町」が9月7日(現地時間)、カナダの第39回トロント国際映画祭コンテンポラリー・ワールド・シネマ部門で上映された。今回がワールドプレミアとなる上映にあわせ、メガホンをとった廣木隆一監督が舞台挨拶や上映後のティーチインに出席し、作品に込めた思いなどを語った。

さよなら歌舞伎町」は、廣木監督と「ヴァイブレータ」や「やわらかい生活」でもタッグを組んでいる脚本家の荒井晴彦によるオリジナルストーリー。一流のホテルマンになれなかったラブホテル店長・徹(染谷)と、ミュージシャンになる夢を抱く沙耶(前田)のカップルなど、新宿歌舞伎町のラブホテルを舞台に、5組の男女の人生が交錯する1日を描いた。

この日の会場は387席が満席となる盛況で、上映中は笑いも起こるなど温かな雰囲気に包まれた。上映前、廣木監督は「映画を見終えたら、皆さん必ず歌舞伎町に行きたくなるはず」と挨拶したが、上映後、かつて日本に住んでいたことがあるという観客から「周囲のアドバイスを受けて歌舞伎町は避けていたが、映画を見て歌舞伎町に行かなかったことを後悔している」という感想が寄せられた。廣木監督は「映画を始めた頃はよくお酒を飲んだり仕事をしたりと、色々と教えてくれた町。そこを舞台に映画を撮りたかった」と自身の思い出とともに、歌舞伎町を舞台にした本作を手がけた理由を明かした。

さらに「本作品のキャラクターは皆、歌舞伎町から出て行きたいが、歌舞伎町への愛着心を持っているようにも感じる。監督も同じか」という質問にも、「今ある歌舞伎町を愛しており、町が変わっていくことを寂しく思っている」と答えていた。

さよなら歌舞伎町」は15年1月、テアトル新宿ほかで公開。

やわらかい生活 スペシャル・エディション[DVD] やわらかい生活 スペシャル・エディション[DVD] 最安価格: ¥3,645 芥川賞受賞作家・絲山秋子のデビュー作を、『ヴァイブレータ』チームが映画化!
ヴァイブレータ スペシャル・エディション[DVD] ヴァイブレータ スペシャル・エディション[DVD] 最安価格: ¥1,963 フリーでルポライターをしている、とある女性。彼女はいつしか頭の中で聞こえるようになった“声”の存在に悩まされ続け…。新境地といえる大胆な演技を披露した、寺島しのぶの初主演映画。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi