皇后陛下「蜩ノ記」ご高覧、役所広司&岡田准一は感激しきり : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年9月10日 > 皇后陛下「蜩ノ記」ご高覧、役所広司&岡田准一は感激しきり
メニュー

皇后陛下「蜩ノ記」ご高覧、役所広司&岡田准一は感激しきり

2014年9月10日 22:50

皇后陛下のご高覧に同席した役所広司「蜩ノ記」

皇后陛下のご高覧に同席した役所広司
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 皇后陛下が9月10日、東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで行われた「蜩ノ記」の東日本大震災復興支援チャリティー試写会にご出席された。メインのロケ地が岩手県遠野市だったことから実現。陛下のご高覧には、主演を務める役所広司岡田准一堀北真希原田美枝子小泉堯史監督が同席し「こんな不動の姿勢で映画を見たのは初めて。緊張したが、静かに食い入るように見ていただき、幸せでした」(役所)、「名前を呼んでいただき、自分のことを知ってくださることに戸惑ってしまった。映画をほめていただき、今日は幸せな日になった」(岡田)と感激しきりだった。

役所は上映の前後に、陛下と言葉を交わしたといい「『大きな画面ですね』とおっしゃるので、こちらはしどろもどろになってしまって……。(エンドロールで)監督の名前が出ると、拍手してくださり、おめでとうございますとおっしゃってくださった」と感無量の面持ち。岡田は「陛下は『撮影は遠野でなさったんですね』とお話されていて、東北の皆さんのことを気にされているご様子だった」と明かしていた。

第146回直木賞を受賞した葉室麟の小説を原作に、役所と岡田が初共演を果たした本格時代劇。前代未聞の事件を起こした戸田秋谷(役所)は、10年後の夏に切腹し、その日までに藩の歴史である「家譜」を完成させることを命じられる。一方、城内で刀傷沙汰を起こした藩士の檀野庄三郎(岡田)は、監視役として秋谷の前に現れ、そのひたむきな生きざまに感銘を受ける。

秋谷の娘を演じる堀北は、「自分の出演した映画を陛下に見ていただけるのは、本当に幸せ」とこちらも感激した様子。原田は秋谷の妻を演じ「陛下から『いい家族ですね』とほめていただきました」と喜びを噛みしめた。黒澤明監督に師事し、長年助監督を務めてきた小泉監督は「私に向かって、黒澤監督の話をしてくださった。優しいとしか言いようがない慈愛で、包んでくださった」。また、生前の黒澤監督から陛下の映画好きを聞いていたとも明かしていた。「蜩ノ記」は10月4日から全国で公開される。

雨あがる[DVD] 雨あがる[DVD] 最安価格: ¥2,000 黒澤明の遺稿脚本をゆかりのスタッフ・キャストが映画化した、山本周五郎原作の時代劇。思わず涙がこぼれる、温かくそして見事な感動作!
武田信玄[DVD] 武田信玄[DVD] 最安価格: ¥5,560 豪華キャストで贈るTBS大型時代劇シリーズ「武田信玄」を収録。天下獲りの野望を胸に時代を駆け抜けた男たちの姿を描く。出演は役所広司、名取裕子、千葉真一ほか。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi