「第9回UNHCR難民映画祭」開催 今年は北海道、兵庫でも上映 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年9月10日 > 「第9回UNHCR難民映画祭」開催 今年は北海道、兵庫でも上映
メニュー

「第9回UNHCR難民映画祭」開催 今年は北海道、兵庫でも上映

2014年9月10日 14:00

「第9回UNHCR難民映画祭」会見の模様

「第9回UNHCR難民映画祭」会見の模様
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 10月4日に開幕する「第9回UNHCR難民映画祭」に先がけ9日10日、日本記者クラブ(東京都千代田区)で会見が行われた。

国連難民高等弁務官(UNHCR)駐日事務所が主催する同映画祭は、難民問題への認識の向上を目指す取り組みとして2006年から毎年開催されており、今年はシリア、トルコ、アフガニスタン、ブータン、ルワンダ、リビア、南スーダンなど世界の難民問題を扱った13作品を上映する。UNHCRの年間統計報告書によると、2013年末の時点で、難民、国内避難民などとして避難を強いられた人々の数は、第2次世界大戦後最も多い5100万人に上る。

マイケル・リンデンバウアーUNHCR駐日代表は、「映画祭を通じて、数多くの世界の難民、国内避難民、無国籍者について知っていただくことが最たる目的」と映画祭の趣旨を説明。一般市民を巻き込んだシリア内戦では、周辺国に逃れた難民の数は、2011年3月以降3年半で300万人を超え、650万人がシリア国内で避難を余儀なくされている。この日、トルコの国境を目指すシリアの姉妹の悲劇を描いた「ボーダー 戦火のシリアを逃れて」が上映され、「(シリア難民の)300万人ひとりひとりのストーリーが、今まさに起きていること」と力強く語った。

「第9回UNHCR難民映画祭」は、グローバルフェスタJAPAN 2014、イタリア文化会館、セルバンテス文化センター東京、明治大学和泉キャンパスを会場に、10月4日に先行上映が行われ、その後11~19日開催。北海道札幌、兵庫県西宮でも巡回上映される。全プログラム入場無料(先着順入場)、上映作品の詳細は公式サイト(http://unhcr.refugeefilm.org/2014/)で告知する。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi