三船敏郎のドキュメンタリー映画製作決定!ベネチア国際映画祭で発表 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年9月8日 > 三船敏郎のドキュメンタリー映画製作決定!ベネチア国際映画祭で発表
メニュー

三船敏郎のドキュメンタリー映画製作決定!ベネチア国際映画祭で発表

2014年9月8日 12:20

三船敏郎さんのドキュメンタリー製作へ「赤ひげ」

三船敏郎さんのドキュメンタリー製作へ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 9月6日(現地時間)まで開催された第71回ベネチア国際映画祭で、三船敏郎さんのドキュメンタリーが製作されることが明らかになった。

ラスト・サムライ」「セカイのミフネ」などと称され、日本を代表する国際的な俳優として、「レッド・サン」(1971)、「ミッド・ウェイ」(76)など海外の映画にも出演を果たした三船さん。ベネチアとは特別に縁が深く、「用心棒」(61)と「赤ひげ」(65)で2度、主演男優賞に輝いている。さらに主演作「羅生門」(50)と「無法松の一生(1958)」は、金獅子賞を受賞している。

今回のベネチアには、三船さんの孫で三船プロダクション取締役の三船力也氏、共同プロデューサーのひとりである木藤幸江氏が参加。「赤ひげ」が50周年を迎える来年の第72回での披露を目指し、映画祭ディレクターのアルベルト・バルベラ氏に会い、企画のプレゼンテーションを行ったという。

監督を務めるのは日系3世でロサンゼルス在住のスティーブン・オカザキ。アカデミー賞短編賞を受賞した「Days of Waiting」(91)や、HBO製作のドキュメンタリー「ヒロシマナガサキ」(07)で知られる。オカザキは、「当時の彼の作品をあまり見ていない、今の若い世代にぜひ彼の素晴らしさを伝えたい。彼はブルース・リーよりも前にスターになり、彼以前には非白人の世界的なヒーローは存在しなかった。クリント・イーストウッドも彼から多大な影響を受けている。この企画にとてもエキサイティングしている」とコメントを発表した。

「Mifune: Last Samurai(仮題)」は9月15日に日本でクランクインし、さまざまな関係者にインタビューをする予定。来年のベネチアまでに完成を目指すという。(佐藤久理子)

ミッドウェイ 特別版[DVD] ミッドウェイ 特別版[DVD] 最安価格: - 1942年、太平洋戦争の命運を分けた日本海軍対米軍の“ミッドウェイ海戦”を描いた戦争映画。
無法松の一生[DVD] 無法松の一生[DVD] 最安価格: ¥1,854 岩下俊作の小説「富島松五郎傳」を映画化。“無法松”と仇名されるほどに喧嘩っ早い人力夫・松五郎が、一家の支柱を失った軍人の未亡人とその幼い息子に捧げる献身と秘められた思慕、その無垢な心を描く。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi