手塚治虫が嫉妬した男・辰巳ヨシヒロの自伝的映画「TATSUMI」予告編独占入手! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年9月6日 > 手塚治虫が嫉妬した男・辰巳ヨシヒロの自伝的映画「TATSUMI」予告編独占入手!
メニュー

手塚治虫が嫉妬した男・辰巳ヨシヒロの自伝的映画「TATSUMI」予告編独占入手!

2014年9月6日 08:00

「TATSUMI マンガに革命を起こした男」 のポスタービジュアル「TATSUMI マンガに革命を起こした男」

「TATSUMI マンガに革命を起こした男」
のポスタービジュアル
(C)ZHAO WEI FILMS
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「劇画」の父・辰巳ヨシヒロの自伝的作品「劇画漂流」を基に作られた映画「TATSUMI マンガに革命を起こした男」の予告編とポスタービジュアルを、映画.comが独占入手した。

長年マンガのあり方に疑問を抱いてきた辰巳は、22歳で今までにない写実的な描写と動きのあるコマ割りで、映画のような独自の表現を確立した。この作風は「劇画」と名づけられ、従来の漫画とは一線を画し、時事問題や社会情勢を反映させ、不条理ともいえる展開が見るものに衝撃を与えた。しかし、日本の漫画界に大きな変革をもたらした辰巳とその作品に、なぜ光があたらなかったのか。

キャッチコピーの「あなたは、マンガ家・辰巳ヨシヒロを知っていますか?」が訴えるように、日本での辰巳の知名度は、その功績に比例することなく低い。予告編では、自らの作風を「劇画」と名付けた瞬間、手塚氏から長編を書けと諭されたシーンなど、人生のターニングポイントになったシーンが紹介されており、類まれなる才能が開花していく様子がうかがえる。

本作は2011年に開催された、第64回カンヌ映画祭ある視点部門に日本語によるアニメとして出品を果たし、その後、アヌシー国際アニメーション映画祭、シッチェス・カタロニア国際映画祭などで上映。世界でのお披露目から約3年を経て、ようやく日本公開される本作を、ちばてつや氏、さいとう・たかを氏、モンキー・パンチ氏ら日本を代表する漫画家たちが絶賛している。

TATSUMI マンガに革命を起こした男」は11月15日から東京・角川シネマ新宿 他全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi