「チング 永遠の絆」の存在感あふれる熱演で注目浴びる新星 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年9月3日 > 「チング 永遠の絆」の存在感あふれる熱演で注目浴びる新星
メニュー

「チング 永遠の絆」の存在感あふれる熱演で注目浴びる新星

2014年9月3日 17:40

写真上は、本編シーンでソンフンを演じるウビン「チング 永遠の絆」

写真上は、本編シーンでソンフンを演じるウビン
(C)2013 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「友へ チング」から12年ぶりとなる続編「チング 永遠の絆」のキム・ウビンが、本格映画デビューとなった同作を振り返り、チャン・ドンゴンとの裏話や自身の役づくりを語った。

前作からの青春ノワールのテイストを継承しながら、3世代にわたる裏社会の男たちの絆と裏切りがハードなアクションを交えて描かれる。ドンス(チャン・ドンゴン)殺害の罪で服役したジュンソク(ユ・オソン)は出所後、気骨のあるソンフン(ウビン)に目をかけるようになる。2人は固い絆で結ばれるが、ソンフンがドンスの息子だという事実が明らかになる。

前作は韓国で社会現象を巻き起こしたとまで言われるヒット作。ドンス(ドンゴン)の息子役に抜てきされたウジンは、「続編ができると聞いただけで嬉しかったのに、その映画に出演できるなんて、正直信じられませんでした」と告白する。役が決まった際にはドンゴンに電話をかけたそうで、「『あなたの息子になりました』と伝えたんです。ドンゴンさんは既にご存知で、『知りたいことがあればいつでも電話してこいよ』と言ってくれました」と裏話を披露した。

また、ウビンが演じたソンフンは血の気が多く、バットやナイフを使った大がかりなバイオレンスシーンがふんだんに盛り込まれている。その点については、「ソンフン役を演じるために、体重を増やして体つきをよくしたり、どっしりとした重厚感を出そうと、そういう意識を持ってやりました」と、肉体的なアプローチがあったことも明かしている。

チング 永遠の絆」は、「友へ チング」のクァク・キョンテク監督が再びメガホンをとり、前作に引き続きジュンソクをオソンが演じる。舞台は前作から17年後。故郷の釜山に戻ったジュンソクは、若く血気盛んなチンピラのソンフン(ウビン)と出会い、信頼を深めていくが、やがて組織を二分する抗争が起こる。9月6日から全国公開。

友へ チング[DVD] 友へ チング[DVD] 最安価格: - 小さいころから友情を育んできた4人の仲間がたどる、皮肉で悲劇的な運命を描いた感動のドラマ。クァク・キョンテク監督作品。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi