フットボールアワー、フット“サル”アワーに改名? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年9月1日 > フットボールアワー、フット“サル”アワーに改名?
メニュー

フットボールアワー、フット“サル”アワーに改名?

2014年9月1日 13:25

フットボールアワーのふたり「猿の惑星:新世紀(ライジング)」

フットボールアワーのふたり
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 今夏全米で大ヒットした「猿の惑星:新世紀(ライジング)」のヒット祈願イベントが9月1日、都内で行われ、宣伝隊長に就任したお笑いコンビ「フットボールアワー」の岩尾望後藤輝基が出席した。

同シリーズの大ファンだという岩尾は、「20世紀フォックスの社長に3日3晩、直談判して(宣伝隊長を)勝ち取りました。これを機にフットサルアワーに改名したい」と決意表明。ツッコミ担当の後藤は「フットボールがフットサルになったら、ピッチの規模、ちっちゃなってるやん」と笑いを誘っていた。

国内で興行収入25億円を記録した前作「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」(2011)の10年後を舞台に、知性を獲得し支配者として君臨する猿たちと、わずかに生き残った人類の攻防を描く。メガホンをとるのは、「クローバーフィールド HAKAISHA」のマット・リーブス。前作に引き続き、アンディ・サーキスがモーションキャプチャーで、猿たちを率いるリーダーのシーザーに命を吹き込んだ。

岩尾は「シーザーの賢さ、カリスマ性が格好いい。猿ですけど、あこがれるね。ふだんから相方に虐げられているので、人間に虐げられた猿たちの気持ちに感情移入できる」とすっかり共感。一方、後藤は「あくまでツッコミ。イジっているだけ」と反論し、「猿たちの細かい表情を描くCGがすごい。人間と猿は共存できないのか、対立してしまうのか。ドラマも見どころ」とアピールしていた。

猿の惑星:新世紀(ライジング)」は、9月13~15日先行上映。同19日から全国で公開される。

PLANET OF THE APES/猿の惑星[Blu-ray/ブルーレイ] PLANET OF THE APES/猿の惑星[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥927 1968年に制作された傑作SF映画「猿の惑星」を、ティム・バートン監督がリ・イマジネーション(再創造)した大ヒット映画。
猿の惑星:創世記(ジェネシス)[Blu-ray/ブルーレイ] 猿の惑星:創世記(ジェネシス)[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥927 すべてはここから始まった…。なぜ人類の文明は滅び、猿が支配者となったのか?!その真相に迫る。ピーエル・ブール原作の猿が支配する惑星に不時着した宇宙飛行士を描いたSF映画シリーズ『猿の惑星』から、その起源に迫った作品。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi