中国のインディペンデント映画祭、当局の介入で中止に : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年8月31日 > 中国のインディペンデント映画祭、当局の介入で中止に
メニュー

中国のインディペンデント映画祭、当局の介入で中止に

2014年8月31日 23:30

[映画.com ニュース] 北京インディペンデント映画祭が、当局の介入によって開催中止になったと米バラエティが報じた。

今年で11回目を数える独立系映画の祭典は、これまでも当局による干渉を受けてきたが、開催中止に追い込まれたのは初めて。主催者によれば、中国政府に批判的な作品はラインアップに一切含まれていないのにもかかわらず、警察からの厳しい取り調べを受け、映画祭の実施を取りやめると誓約書に署名させられたという。

理由は不明だが、中国当局が現在、政府の承認を受けていないニュースや発言、文化の取り締まりを強化しているうえに、数年前に北京市が大規模な映画祭を発足したことが関係しているとの見方もある。

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi