第71回ベネチア国際映画祭開幕!イニャリトゥ監督初のコメディに高い評価 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年8月28日 > 第71回ベネチア国際映画祭開幕!イニャリトゥ監督初のコメディに高い評価
メニュー

第71回ベネチア国際映画祭開幕!イニャリトゥ監督初のコメディに高い評価

2014年8月28日 14:00

「バードマン」アレハンドロ・イニャリトゥ監督ら「アクト・オブ・キリング」

「バードマン」アレハンドロ・イニャリトゥ監督ら
写真:Startraks/アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース]第71回ベネチア国際映画祭が8月27日(現地時間)に開幕した。オープニング作品として、アレハンドロ・イニャリトゥ初のコメディとなる「バードマン」が選出された。監督によれば、「スパイシーなメキシコ料理のあとデザートが食べたくなるように、ジャンルの違うものが撮りたくなった」そうだが、コメディといっても俳優人生の舞台裏を描いた、かなり辛辣でドラマティックな作品だ。ニューヨークのブロードウェイを舞台に、マイケル・キートン演じる元映画スターが芝居で起死回生をはかろうと奮闘するさまを描く。全編1カットかと見紛う、流れるようなカメラワークが秀逸で、プレス上映でも拍手が起きるなど、高い評価を得た。

映画祭ディレクターのアルベルト・バルベラは会見で、今年のセレクションについて昨年の流れを受け商業性よりもクオリティを重視したことを強調した。「ミッションは、伝統的なやり方ながら中身を重視することによって映画監督をサポートすること。それが我々にとって大切であり、ベネチアの独自性を得る最良の方法だと思う」と語った。

確かに今年のラインナップをみると、華やかさのあるスターの出演作よりも監督のネームバリューやテーマの面白さに着目したものが多い印象だ。計20本のコンペティション作品には、「アクト・オブ・キリング」で知られるジョシュア・オッペンハイマーファティ・アキンアンドレイ・コンチャロフスキーアベル・フェラーラグザビエ・ボーボワブノワ・ジャコーらの名前が並ぶ。さらに日本からは塚本晋也大岡昇平の原作を映画化した「野火」が選ばれている。

コンペに比べてやや華やかなアウト・オブ・コンペティョンは、ジャガー・ルクルトの主催する監督栄誉(ばんざい)賞を授与されるジェームズ・フランコ監督作、オーウェン・ウィルソンを起用したピーター・ボグダノビッチ作品、アル・パチーノ主演のバリー・レビンソンの新作、ラース・フォン・トリアーの「ニンフォマニアックVol1&2」のディレクターズ・カット版などがある。また先鋭的な作品を特集するオリゾンティ部門では、韓国のホン・サンスの「自由が丘8丁目」に出演した加瀬亮が、レッドカーペットに駆けつける。

今年の審査員メンバー、ティム・ロスエリア・スレイマンサンディ・パウエルジョアン・チェンらを率いる審査員長は、「グランド・ブダペスト・ホテル」の音楽などで知られる作曲家のアレクサンドル・デスプラ。「オリジナルで大胆で、印象的な視点を持った作品を発見したい」と語った。9月6日の授賞式で各賞が発表になる。(佐藤久理子)

BIUTIFUL ビューティフル[DVD] BIUTIFUL ビューティフル[DVD] 最安価格: ¥3,175 スペインの大都市・バルセロナを舞台に、妻と別れ幼い2人の子供たちと暮らす男が、余命2ヶ月の宣告を受け死への恐怖と闘いながらも、愛する子供たちのために生きる姿を描いたドラマ。
バベル[Blu-ray/ブルーレイ] バベル[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,391 メキシコの名匠アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督が描くヒューマンドラマ。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi