テリー・ギリアム悲願の企画「ドン・キホーテ」、今度こそクランクインか : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年8月18日 > テリー・ギリアム悲願の企画「ドン・キホーテ」、今度こそクランクインか
メニュー

テリー・ギリアム悲願の企画「ドン・キホーテ」、今度こそクランクインか

2014年8月18日 11:15

テリー・ギリアム監督「ロスト・イン・ラ・マンチャ」

テリー・ギリアム監督
写真:アフロ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] テリー・ギリアム監督が、長年温めている悲願の企画「ドン・キホーテを殺した男(The Man Who Killed Don Quixote)」の現状について、米The Wrapのインタビューで語った。

「ドン・キホーテを殺した男」は2000年にクランクインしたものの、さまざまなトラブルに見舞われ製作中断にいたったいわくつきの作品。そのてん末は、ドキュメンタリー映画「ロスト・イン・ラ・マンチャ」(2002)で描かれている。

ギリアム監督はようやく同作の製作費を調達し、今年のクリスマス後に撮影に入る予定であることを明かした。これまでに何度となく撮影の予定を立てては資金難で頓挫することを繰り返し、昨年末にも自ら「7度目の挑戦」と自虐的に語っていた本プロジェクトだが、現在キャスティングにも入っている様子。近日中にキャストも発表できそうだという(一度はオリジナルでジャン・ロシュフォールが演じる予定だったドン・キホーテ役にロバート・デュバルジョニー・デップが演じる予定だった現代の広告クリエイター役にユアン・マクレガーが起用されていた)。

なお、今回のインタビューでは、脚本に大幅な変更が生じたことも明かされた。オリジナルの構想では、デップ扮する現代の広告クリエイターが、中世にタイムトラベルしてドン・キホーテに出会うという設定だった。しかし現在進められている新バージョンは、現代が舞台で、映画がいかに人を損傷するかがテーマ。ドン・キホーテに関する映画を製作した主人公と、その映画に関わったせいで精神のバランスを崩したり、アル中になったり、売春婦に身を落としたりした人々を描くという。

ギリアム監督本人の体験が反映されているかのような内容だが、「とにかく、あまりにも何度もやった……というよりもやっていないので、実際に(映画の完成を)見たら信じることにしているよ」と笑いながら話したという。

ロスト・イン・ラ・マンチャ[DVD] ロスト・イン・ラ・マンチャ[DVD] 最安価格: ¥2,700 奇才テリー・ギリアム監督が制作しようとするも様々な困難の末、未完成作品となった「ドン・キホーテ」。何とか制作に漕ぎ着けようと苦闘するスタッフたちの姿を追ったドキュメンタリー作品。
【コレクターズ・シネマブック】未来世紀ブラジル〔初回生産限定〕[Blu-ray/ブルーレイ] 【コレクターズ・シネマブック】未来世紀ブラジル〔初回生産限定〕[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: - 鬼才テリー・ギリアム監督が贈る、近未来を舞台に管理社会をシニカルな視点でとらえた、ブラックユーモア満載のSFサスペンス。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi