新人・白波瀬海来「セシウムと少女」主演抜てきに全力投球宣言! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年8月18日 > 新人・白波瀬海来「セシウムと少女」主演抜てきに全力投球宣言!
メニュー

新人・白波瀬海来「セシウムと少女」主演抜てきに全力投球宣言!

2014年8月18日 18:20

デビュー作で主演する白波瀬海来「セシウムと少女」

デビュー作で主演する白波瀬海来
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 才谷遼監督が初めてメガホンをとった「セシウムと少女」の製作会見が8月18日、都内で行われ、才谷監督をはじめ主演の白波瀬海来(しらはせ・かいら)、川津祐介金野美穂山谷初男が出席。デビュー作で主演に起用された白波瀬は、「大抜てきにとても驚きました。全力投球で食らいついて演じていきます」と意気込みを語った。

今年62歳になる才谷監督は、大学在学中に故岡本喜八監督に弟子入りし、東京・阿佐ヶ谷にある劇場「ラピュタ阿佐ヶ谷」館主を務めながら映画監督の夢をあきらめなかったという。「故岡本監督に師事して40年。こうして監督として製作に取り掛かることができて、感慨深く思う」と笑みをこぼした。

主役のミミを演じる白波瀬は、「周りの皆様に助けられて、すごく楽しく撮影できています。力不足の部分もありますが、ひとつひとつ勉強していきます」と今後の活躍に意欲を見せた。また、大ベテランの川津は登場人物の“人生史”を作り、役作りに臨むというこだわりを披露。今作では“海の神”というユニークな役どころを演じるにあたり、「宇宙創生から海の神の歴史を想像して演じています」と明かすと、白波瀬は感心しきりだった。

17歳のミミ(白波瀬)はある日、ひょんなことから7人の神々と出会う。どう見てもしょぼくれている神々の力を借りて、祖母の大事にしていた九官鳥を探すため、祖母の青春時代へとタイムスリップすることになる。1940年代の阿佐ヶ谷を舞台に、現代の日本が抱える様々な社会問題を浮き彫りにしていく、奇想天外なエンタテイメント作。公開は、15年3月を予定。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi