「ゲーム・オブ・スローンズ」ソフィー・ターナー、「フランケンシュタイン」原作者役に決定 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年8月18日 > 「ゲーム・オブ・スローンズ」ソフィー・ターナー、「フランケンシュタイン」原作者役に決定
メニュー

「ゲーム・オブ・スローンズ」ソフィー・ターナー、「フランケンシュタイン」原作者役に決定

2014年8月18日 16:30

「ゲーム・オブ・スローンズ」 サンサ役のソフィー・ターナー「戦火の馬」

「ゲーム・オブ・スローンズ」
サンサ役のソフィー・ターナー
Photo by Astrid Stawiarz/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気ファンタジードラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」のサンサ・スターク役で脚光を浴びている英若手女優ソフィー・ターナーが、新作映画でゴシック小説「フランケンシュタイン」の原作者であるメアリー・シェリーを演じることが決定した。現在18歳のターナーにとって、本作が映画出演3作目となる。

女性脚本家デボラ・バクストロームが脚本を執筆した「メアリー・シェリーズ・モンスター(Mary Shelley’s Monster)」は、メアリーが小説を執筆する過程で名声を渇望し、葛藤する姿を描く。「戦火の馬」のジェレミー・アーバインが後に夫となる詩人のパーシー・シェリー、「ブリングリング」のタイッサ・ファーミガがメアリーの義理の妹クレア・クレモントを演じる。

同作のほかにも、メアリー・シェリーを主人公にした映画がエル・ファニング主演で準備中。「A Storm In The Stars(原題)」というタイトルで、17歳のメアリー(ファニング)とパーシーの恋愛に焦点を当てる。

メアリー・シェリーズ・モンスター」をプロデュースするローズ・ガングーザは、19世紀が舞台となる同作について、「私たちの映画は歴史ドラマではありません。時間を超越する若さの物語であり、ゴシックロマンスであり、愛の三角関係のストーリーです。この素晴らしいプロジェクトに、エキサイティングなキャストを迎えることができ、とても興奮しています」と語っている。

英テレビ映画「嵐が丘」や米テレビシリーズ「キリング」の演出を手がけたコーキー・ギェドロイツがメガホンをとり、ガングーザのほか、J・トッド・ハリス、デイモン・レーン、アート・マーカムがプロデュースを担当。撮影は今年中に始まる予定で、英国とマルタ島で敢行される。

【初回限定生産】ゲーム・オブ・スローンズ〈第一~三章〉 ブルーレ...[Blu-ray/ブルーレイ] 【初回限定生産】ゲーム・オブ・スローンズ〈第一~三章〉 ブルーレ...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥26,784 映画を超える空前のスケールで実現した壮絶な闘いを、過激な描写満載でダイナミックに描くアクション・スペクタクル巨編!
ゲーム・オブ・スローンズ 第三章:戦乱の嵐-前編- ブルーレイ ...[Blu-ray/ブルーレイ] ゲーム・オブ・スローンズ 第三章:戦乱の嵐-前編- ブルーレイ ...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥6,102 生命力に溢れた豊かな大陸に存在する“七王国”の争覇を巡る闘いを、過激な描写満載でダイナミックに描くアクション・スペクタクル巨編“ゲーム・オブ・スローンズ”。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi