河瀬直美監督、“亀爺”こと常田富士男と「2つ目の窓」舞台裏を語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年8月13日 > 河瀬直美監督、“亀爺”こと常田富士男と「2つ目の窓」舞台裏を語る
メニュー

河瀬直美監督、“亀爺”こと常田富士男と「2つ目の窓」舞台裏を語る

2014年8月13日 14:15

河瀬直美監督と常田富士男「2つ目の窓」

河瀬直美監督と常田富士男
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 河瀬直美監督が8月12日、東京・テアトル新宿で公開中の最新作「2つ目の窓」のティーチインを、出演の常田富士男とともに行った。

奄美大島の壮大な自然を舞台に、16歳の少年・界人(村上虹郎)と幼なじみの杏子(吉永淳)の淡い初恋と成長を通じ、命の喪失と再生を描いたヒューマンドラマ。国際映画祭常連の河瀬監督は「表現者として、人として素晴らしい常田さんを迎え、こうして皆さんとお会いできたことがうれしい。映画はスクリーンに映る表面的なものだけど、私は匂いがして肌で感じられる映画をこれからも作っていきたい」と改めて抱負を語った。

劇中、常田演じる“亀爺”こと亀次郎が、主演の2人の立ち会いのもとヤギを屠畜(とちく)するシーンがあるが、河瀬監督は「思わず目を覆いたくなるきついシーンかもしれない。奄美の島では普通のことだけど、生きているヤギをしめることはかなり緊張するもの。その時、亀爺が『そこに“いる”ことが大切』と若い2人に語りかけてくれた。あの風も光も本物で、魂が撮れた瞬間。奇跡のショットだなと思った」としみじみ。すると常田は、「葛藤(かっとう)はあった。でも言葉にすれば、殺されるヤギからしたら『どうなってんだよ、人間は』という感じだと思う。その後、ヤギ汁はしっかりいただいた」と当時の心境を吐露した。

また河瀬監督は、「亀爺に『出番のない時はどうすればいいですか?』と聞かれ、ビーチには台風などでゴミがたくさん漂着してくるので『海のゴミ拾いをしてくれますか?』と言ったら、本当に毎日ゴミを拾ってくれていた」と明かした。常田は照れ笑いを浮かべながら、「私は山の育ちなので海への思いが深い。貝殻をたくさん拾って帰ったので皆さんにもお分けしたい」と語り、会場を和ませていた。

萌の朱雀[DVD] 萌の朱雀[DVD] 最安価格: ¥3,175 カンヌ国際映画祭グランプリを受賞した河瀬直美監督の劇場デビュー作で、10年前の同映画祭でカメラ・ドールを受賞した衝撃作『萌の朱雀』が初DVD化!
殯の森[DVD] 殯の森[DVD] 最安価格: ¥3,959 カンヌ国際映画祭審査員特別グランプリを受賞した、国内外で高い評価を受ける河瀬直美4年ぶりの長編劇映画。グ

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi