「MOZU」で異彩放った吉田鋼太郎、共演した長谷川博己は変態っぽい? : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年8月11日 > 「MOZU」で異彩放った吉田鋼太郎、共演した長谷川博己は変態っぽい?
メニュー

「MOZU」で異彩放った吉田鋼太郎、共演した長谷川博己は変態っぽい?

2014年8月11日 14:50

逢坂剛氏のハードボイルド小説をドラマ化「劇場版 MOZU」

逢坂剛氏のハードボイルド小説をドラマ化
[拡大画像]

[映画.com ニュース]逢坂剛氏のハードボイルド小説を、WOWOWとTBSが共同製作した連続ドラマ「MOZU Season1 ~百舌の叫ぶ夜~」「MOZU Season2 ~幻の翼~」の一挙放送を記念し8月10日、東京・赤坂のWOWOW本社で「MOZU NIGHT」と銘打ったファンイベントが行われ、出演者の吉田鋼太郎、メガホンをとった羽住英一郎監督が出席した。

ある爆発事件をきっかけに動き出す謎が謎を呼ぶストーリーと、映画顔負けの迫力あふれるスケール感で放送直後から高い支持を集めた「MOZU」。公安のエース・倉木を演じる西島秀俊をはじめ、真木よう子香川照之池松壮亮ら豪華キャストが躍動するなか、セキュリティ会社役員の右腕・中神甚を演じ異彩を放った吉田は「役者人生にとって大切な役」と強い思い入れを語った。

また、「長谷川君(長谷川博己)が僕の上司役でしょ? 長谷川君ってちょっと変態っぽいから(笑)、僕も相当変態を演じて、変態コンビになったら面白いと思って……」と役作りを振り返ると、駆けつけたファンは大爆笑。「西島君はどんなに激しいアクションでも、『ずっとやっていたい』と言っていた。本当に好きなんですね」「香川さんは楽屋でずっとしゃべっているから、うるさい!」などキャスト陣の素顔も明かし、イベントを盛り上げた。

一方、羽住監督は「吉田さんが演じることで、中神という男が(台本を)超えていった」と大絶賛。「大人の鑑賞にたえうるドラマだと自負している。毎回、監督の情熱に驚かされたし、俳優もすごい仕事をしている」(吉田)、「まるで長い映画を撮っているような感覚だった。繰り返して見ると、新しい発見があるはずなので、一挙放送を楽しんでもらえれば」(羽住監督)とアピールした。

さらに「MOZUがもっと続くように、盛り上がれば」(羽住監督)、「中神はシーズン1で死んでしまったが、次があれば、中神の弟役で出演したい」(吉田)と今後のシリーズ拡大にも期待を寄せていた。

「MOZU Season1 & Season2」4週連続一挙放送は8月16日から、WOWOWプライムでスタート。

MOZU Season1 ~百舌の叫ぶ夜~ Blu-ray BOX[Blu-ray/ブルーレイ] MOZU Season1 ~百舌の叫ぶ夜~ Blu-ray BOX[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥21,773 真実が最初の犠牲者だ。西島秀俊・香川照之・真木よう子ほか豪華キャスト出演!衝撃かつ圧倒的なスケール感でお送りする超大作TVドラマ!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi