「セカオワ」売れても新幹線は普通車「グリーン車に乗ったことない」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年8月9日 > 「セカオワ」売れても新幹線は普通車「グリーン車に乗ったことない」
メニュー

「セカオワ」売れても新幹線は普通車「グリーン車に乗ったことない」

2014年8月9日 11:10

贅沢はしないセカオワ!

贅沢はしないセカオワ!
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人気アーティストの“セカオワ”こと「SEKAI NO OWARI」のスクリーンデビュー作となる「TOKYO FANTASY SEKAI NO OWARI」の先行上映会が8月8日、都内の劇場で行われ、セカオワのメンバーと応援ゲスト「ウーマンラッシュアワー」の村本大輔中川パラダイスが舞台挨拶に立った。

仏パリ在住の映像作家ラファエル・フリードマンが監督を務め、ライブやリハーサル、バックステージ、メンバーの日常まで、時にアニメーションやショートストーリーを挿入しながら映し出していく。仮装したファンの姿が多く見られたこの日、報道陣も事前に配られたポンチョを被って変装。ライブのアンコールで恒例となった、客席のファンによる「スターライトパレード」の合唱に合わせてNakajinFukaseSaori、DJ LOVEが登場した。

メンバーの中で唯一、完成した映画を見ていないFukaseは「見る気もない。あんなに演技したことないから、さすがに恥ずかしい(笑)。始まったら泥酔して見に行こうかな。シラフじゃ見られない。隣で『微妙だな』とか言われたら傷つくし」と照れ笑い。劇中、打ち上げで泥酔するFukaseの姿も映し出されるが、Saoriは「あれは普段、私たちが見ている“ブラックFukase”の入口で、まだ第1段階くらい」と明かし笑いを誘った。

ウーマンラッシュアワーの村本は、Fukaseがトークライブに足を運んだことをきっかけに親交を深めたそうで、「いまではFukaseくんがTwitterでフォローしている人は700人くらいいるけど、当時は7人。そのうちの1人が私です!」と親密さをアピール。村本と中川も映画を鑑賞したが「新幹線での移動のシーンがあったけど、グリーン車じゃないの?」と指摘すると、Fukaseは「僕らは贅沢しないんです。グリーン車に乗ったことがないです」と告白し、会場を驚かせた。

4人で暮らし常に一緒で行動しているというセカオワに、中川は「何しゃべるの? ケンカすることは?」と尋ねたが、Nakajinは「何でもしゃべりますね」とニッコリ。Saoriは、自らとFukaseを指して「ケンカはたまにここでするだけ。『その目が気に食わない』と(笑)」と明かし、Fukaseも「でも30分で仲直りしますけど。(DJ LOVEとNakajinの)2人は絶対に怒らないですし」と幼なじみの4人の絆の深さを見せつけた。

TOKYO FANTASY SEKAI NO OWARI」は、8月15日から公開。

炎と森のカーニバル in 2013[DVD] 炎と森のカーニバル in 2013[DVD] 最安価格: ¥4,945 2013年10月12~14日に富士急ハイランドにて三日間行われた、自身初の野外ワンマンフェスティバル「炎と森のカーニバル」。ボーカルFukaseの誕生日に行われた2013年10月13日の映像を収録。
ARENA TOUR 2013 ENTERTAINMENT in 国立代々木第一体育館[DVD] ARENA TOUR 2013 ENTERTAINMENT in 国立代々木第一体育館[DVD] 最安価格: ¥4,412 2012年5月の東名阪Zeppツアー、7月~10月の全国25公演ホールツアー、そして今年の東名阪アリーナツアーと、日本全国を駆け抜けて総動員数10万人を記録したTOUR「ENTERTAINMENT」の、まさにグランド・フィナーレとなる国立代々木第一体育館公演を完全収録。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 淵に立つの評論 淵に立つ 家族神話の幻想を通して浮かび上がる人間の闇
  • SCOOP!の評論 SCOOP! 大根仁が引き出す、新しい福山雅治のカッコ良さ
  • お父さんと伊藤さんの評論 お父さんと伊藤さん 必ずしも分かり合えない家族や恋人、それでも向き合い一歩を踏み出す瞬間
映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

映画会社ムヴィオラ

映画宣伝は大変な仕事ですが、素晴らしい映画を届ける仕事はとても楽しいです。

職種宣伝スタッフ

ココロヲ・動かす・映画社 〇(まる)

2015年度台湾興収No.1! 「私の少女時代」(我的少女時代 OURTI...

職種配給宣伝 営業・制作進行、映画字幕翻訳 映像編集 劇場(映画館カ...
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi