「イントゥ・ザ・ストーム」に挑戦!デニスの暴風体感レビュー映像を公開 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年8月8日 > 「イントゥ・ザ・ストーム」に挑戦!デニスの暴風体感レビュー映像を公開
メニュー

「イントゥ・ザ・ストーム」に挑戦!デニスの暴風体感レビュー映像を公開

2014年8月8日 16:15

顔面で暴風を受け止めるデニスの2人(左から植野、松下)「イントゥ・ザ・ストーム」

顔面で暴風を受け止めるデニスの2人(左から植野、松下)
(C)2014 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 超巨大竜巻のすさまじい破壊力を描く「イントゥ・ザ・ストーム」日本語吹き替え版で声優に挑戦するお笑いコンビ「デニス」(植野行雄松下宣夫)が、暴風の吹き荒れるなか、映画の感想を語るという“暴風体感型レビュー”に挑戦した特別映像が公開された。

イントゥ・ザ・ストーム」では、命がけで竜巻を観測するストームチェイサーとは別に、YouTubeにおバカ動画をアップし一かく千金を夢見る能天気な2人組が登場する。植野と松下はこのキャラクターの声を担当しており、映画の世界観を実体験しながら収録するという“暴風体感アフレコ”にも挑んでいた。公開された映像には、初めて映画レビューの仕事をもらった2人が暴風の中、必死の形相で職務に挑む姿が見られる。

前回のアフレコでは駐車場に呼び出され、暴風を体感させられただけに、あからさまにスタッフを怪しむ植野と松下。今回は屋内で収録が行われると聞き、安心してスタジオに入るも、目の前に巨大扇風機が。がっくりとうなだれる2人に、実は“体感型レビュー”であることが告げられる。気を取り直して映画のレビューを始めるが、巨大扇風機から容赦なく風が吹きつける。徐々に風速が上がり秒速20メートルを超えると、声を発することさえできない。風が収まった後に植野が、「いい映画です……」と消え入りそうな声でつぶやくのがやっとだった。

竜巻をEF0からEF5までの等級で表した「改良藤田スケール」最大レベルEF5の基準値が秒速90メートルだが、「イントゥ・ザ・ストーム」では、それをはるかに上回る秒速135メートルという怪物級の竜巻が猛威を振るう。長年、ジェームズ・キャメロンの右腕として活躍してきたスティーブン・クォーレ監督が、POV(主観ショット)を活用し、臨場感あふれる映像を作り出している。同作は、8月22日から全国で公開。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi