安達祐実、20年ぶり映画主演作「花宵道中」がモントリオールへ : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年8月8日 > 安達祐実、20年ぶり映画主演作「花宵道中」がモントリオールへ
メニュー

安達祐実、20年ぶり映画主演作「花宵道中」がモントリオールへ

2014年8月8日 13:45

安達祐実が花魁を演じた「花宵道中」が モントリオール世界映画祭に出品「花宵道中」

安達祐実が花魁を演じた「花宵道中」が
モントリオール世界映画祭に出品
(C)2014 東映ビデオ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 女優の安達祐実が「家なき子」以来約20年ぶりに映画主演を務めた「花宵道中」が、8月21日からカナダで開催される第38回モントリオール世界映画祭で上映されることが決まった。世界中から新作の集まるワールド・グレイツ部門での選出となる。

新潮社の「女による女のためのR-18文学賞」第5回で大賞と読者賞をダブル受賞した、宮木あや子氏の同名小説を映画化した時代劇。江戸時代末期の新吉原を舞台に、花魁として生きる主人公・朝霧が、半次郎という青年と出会ったことから大きく運命を変えていく姿を描いた。「裁判長!ここは懲役4年でどうすか」「非女子図鑑」など多彩に作品を手がける豊島圭介監督がメガホンをとり、主演の安達にとっては、初の花魁役に挑戦した意欲作だ。

モントリオール映画祭は、毎年8月下旬から9月上旬にかけて開催される、国際映画製作者連盟(FIAPF)公認の国際映画祭。世界では14あるうち、北米で唯一の長編コンペティション部門を有する映画祭で、1977年から開催されている。今年のモントリオール映画祭にはこのほか、ワールド・グレイツ部門に、大泉洋染谷将太が共演する「ぶどうのなみだ」、石井裕也監督の「ぼくたちの家族」、ワールド・コンペティション部門に呉美保監督&綾野剛主演の「そこのみにて光輝く」、成島出監督&吉永小百合主演の「ふしぎな岬の物語」が出品されるなど、多くの日本映画が上映されるが、江戸時代を舞台にした時代劇は「花宵道中」のみとなっている。

花宵道中」は11月8日から公開。

裁判長!ここは懲役4年でどうすか[DVD] 裁判長!ここは懲役4年でどうすか[DVD] 最安価格: ¥3,175 バナナマン・設楽統初主演映画!裁判エンターテインメント・ムービーが待望のDVD化!
そこのみにて光輝く 豪華版【Blu-ray】[Blu-ray/ブルーレイ] そこのみにて光輝く 豪華版【Blu-ray】[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥4,385 何度も芥川賞候補に挙げられながらも賞に恵まれず、41歳で自ら命を絶った不遇の作家・佐藤泰志。短い函館の夏を舞台に、生きる目的を見失った男と愛を諦めた女との出会い、そして底辺で生きる家族を慈しむような眼差しで描き、唯一の長編小説にして最高傑作と言われる「そこのみにて光輝く」の、発刊から24年を経て綾野剛を主演に映画化した作品。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi