船越英一郎、女性型アンドロイドにタジタジ「なんとなく母に似ている」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年8月6日 > 船越英一郎、女性型アンドロイドにタジタジ「なんとなく母に似ている」
メニュー

船越英一郎、女性型アンドロイドにタジタジ「なんとなく母に似ている」

2014年8月6日 14:45

船越(左)と一緒にイベントに出席したオトナロイド(右)

船越(左)と一緒にイベントに出席したオトナロイド(右)
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 「スター・ウォーズ エピソード7(仮題)」のJ・J・エイブラムスが製作する、SFクライムアクション「ALMOST HUMAN オールモスト・ヒューマン」DVDセル&レンタルのリリースを記念し8月5日、東京・日本未来科学館でイベントが行われ、俳優の船越英一郎が出席した。

エイブラムスがドラマ「FRIINGE フリンジ」のクリエイター、J・H・ワイマンと再タッグを組んだ同作では、2048年の未来が描かれる。犯罪率は現代の400%という時代、全ての警官はアンドロイドとコンビを組むことを義務付けられているという設定だ。

作品の世界観にちなみ、船越のパートナーに抜てきされたのは、遠隔操作型アンドロイド「オトナロイド」。今年6月に一般公開されたばかりのヒューマノイドロボットだが、船越は、成人女性の姿をしたオトナロイドを前になぜか恐縮しきり。握手を促され、恐る恐る手を握るも「なんとなく母に似ているので、緊張しますね」と額の汗を拭い、笑いを誘っていた。

刑事とロボットがパートナーとなって、犯罪捜査にあたるという同作のコンセプトを受け、アンドロイドと会話をする日が訪れることを想像できたかと問われると、意外にも「想像していた」と返答。「『鉄腕アトム』や『8マン(エイトマン)』などしゃべるロボットを見て育った日本人の方が、アンドロイドをより身近に感じているのかもしれない」と持論を展開した。また劇中で描かれる未来像についても、「ものすごいリアル。30数年後という設定に“近い未来”を感じる」といい、「手で触れられる地続きの未来」と表した。さらに「アンドロイドと人間のバディものは、ぜひ私にやらせて欲しい。最後はぜひ一緒に崖に行きたい」と、刑事ドラマの常連ならではのジョークで場を沸かせた。

アンドロイドとコンビを組む刑事ジョン(カール・アーバン)は、廃棄処分寸前だった旧型アンドロイド、ドリアン(マイケル・イーリー)とコンビを組むことになる。ジョンが暗い過去を背負い、固く心を閉ざしている反面、ドリアンは時に感情的行動をとる人間のようなアンドロイドだった。物語は1話完結の形で進行し、ジョンの過去を掘り下げながら未来型の犯罪捜査や人間ドラマを描いていく。

「ALMOST HUMAN オールモスト・ヒューマン」は、本日8月6日よりDVDセル&レンタル開始。

ALMOST HUMAN/オールモスト・ヒューマン DVDコンプリート・ボックス[DVD] ALMOST HUMAN/オールモスト・ヒューマン DVDコンプリート・ボックス[DVD] 最安価格: ¥4,215 J.J.エイブラムスが盟友J.H.ワイマンと再びタッグを組んで贈る、SFクライム・アクション!

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • 新感染 ファイナル・エクスプレスの評論 新感染 ファイナル・エクスプレス ゾンビ映画の新境地へと観客を運ぶ、究極の特急サバイバルアクション
  • エル ELLEの評論 エル ELLE バーホーベン×フランスの大女優の化学反応が、悪女映画の歴史を塗り替える。
  • ザ・ウォールの評論 ザ・ウォール 悪魔的スナイパーに狙われるシチュエーションスリラー。“壁”の象徴性も見逃せない
映画評論の一覧を見る
Jobnavi