藤沢とおる原作「ソウルリヴァイヴァー」ハリウッドで実写映画化 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年8月5日 > 藤沢とおる原作「ソウルリヴァイヴァー」ハリウッドで実写映画化
メニュー

藤沢とおる原作「ソウルリヴァイヴァー」ハリウッドで実写映画化

2014年8月5日 17:40

ベッドフォード・フォールズ・カンパニーの マーシャル・ハースコビッツ氏、エドワード・ズウィック氏「ラスト サムライ」

ベッドフォード・フォールズ・カンパニーの
マーシャル・ハースコビッツ氏、エドワード・ズウィック氏
Photo by Kevin Winter/Getty Images
[拡大画像]

[映画.com ニュース] フィールズとAll Nippon Entertainment Works(ANEW)は、「ラスト サムライ」や「ブラッド・ダイヤモンド」で知られるハリウッドの映画製作会社The Bedford Falls Company(ベッドフォード・フォールズ・カンパニー)のマーシャル・ハースコビッツ氏、エドワード・ズウィック氏と共同で、ヒーローズが発行する月刊誌「HERO’S」で連載中の人気コミック「ソウルリヴァイヴァー(SOUL ReVIVER)」のハリウッド実写映画化に着手する。

「ソウルリヴァイヴァー」は、「GTO」の原作者・藤沢とおる氏が原作、構成、キャラクターデザインを務め、秋重学氏が作画を手掛けるファンタジーアクション漫画。死んだ人間を死の世界から連れ戻し、よみがえらせる能力を持つ“リヴァイヴァー”のもとに、さまざまな依頼が舞い込み、“魂”の救出劇が繰り広げられる。

フィールズとANEWは、同作のハリウッドでの実写映画化に向け、2003年公開の映画「ラスト サムライ」やアカデミー賞作品賞を受賞した「恋におちたシェイクスピア」を手掛けたハリウッドの映画製作会社Bedford Fallsの代表ハースコビッツ氏、ズウィック氏と協業。3社は共同で製作にあたり、2人が共同で脚本を執筆、ズウィック氏がメガホンをとる。今回のプロジェクト開始にともない、藤沢氏、ハースコビッツ氏、ズウィック氏ら参加のもと第1回クリエイティブミーティングが14年7月に米ロサンゼルスで実施。会議を終えて各氏は次の通り意気込みを語った。

藤沢とおる 非常に楽しいクリエイティブミーティングでした。日本のコミック「ソウルリヴァイヴァー」の世界観がハリウッドでどんな形になるか楽しみです。

マーシャル・ハースコビッツ これまで私たちが手掛けてきた作品の多くは、観客を異なる時代や場所に導くものでした。「ソウルリヴァイヴァー」で面白いのは、我々が住んでいる日常生活の場所の中に、全く異なる世界が存在するというアイディアで、その世界観について探求することが今から楽しみです。

エドワード・ズウィック 私は常に日本映画に感化されてきました。今回のプロジェクトを通じて、そういった日本映画との関係を更に拡大し、日本文化にとって新しく、かつ重要な一翼を担えることを嬉しく思っています。
(文化通信)

【初回生産限定スペシャル・パッケージ】ラスト サムライ[Blu-ray/ブルーレイ] 【初回生産限定スペシャル・パッケージ】ラスト サムライ[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,080 日本政府に軍隊の教官として招聘されたトム・クルーズ演じる南北戦争の英雄オールグレンが、敵である侍たちの武士道に惹かれていく姿を描いた作品。
ブラッド・ダイヤモンド[Blu-ray/ブルーレイ] ブラッド・ダイヤモンド[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥971 アフリカ地域紛争で武器調達の資金源として不法取引される、“ブラッド・ダイヤモンド”に託された全く異なる3つの願いとは…。エドワード・ズウィック監督×レオナルド・ディカプリオ主演で贈る、アフリカが抱える問題を絶大なリアリティで描いた衝撃作。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi