下ネタ連発のどぶろっく、純愛映画PRで反省しきり「恥ずかしくなった……」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年8月4日 > 下ネタ連発のどぶろっく、純愛映画PRで反省しきり「恥ずかしくなった……」
メニュー

下ネタ連発のどぶろっく、純愛映画PRで反省しきり「恥ずかしくなった……」

2014年8月4日 18:00

どぶろっくとLiLiCo「バルフィ!人生に唄えば」

どぶろっくとLiLiCo
[拡大画像]

[映画.com ニュース] インド発の純愛映画「バルフィ!人生に唄えば」のPRイベントが8月4日、都内で行われ、下ネタ妄想ソングでブレイクしているお笑いコンビ「どぶろっく」の森慎太郎江口直人、映画コメンテーターのLiLiCoが出席した。

江口は「映画を見て2回泣いちゃいました。こんな純愛映画を見ると、おれ何やってるんだろうって、恥ずかしくなった」と下ネタ連発の芸風に反省しきり。先日、テレビの生放送中にネタを忘れてしまうハプニングがあったばかりで、この日は「歌詞、覚えてる?」(LiLiCo)、「手に書いてあります」(江口)と自虐的なやりとりも披露していた。

主人公は生まれつき耳が聞こえず会話もできないが、視線とジェスチャーだけで相手に豊かな感情を伝える青年バルフィ。ハンディキャップをものともせず、周囲をとりこにする彼に、資産家との冷めた夫婦関係に悩む美女シュルティ、家族の愛を知らずに育った自閉症のジルミルというふたりの女性が恋してしまう。

2012年アカデミー賞外国語部門インド代表に選ばれており、LiLiCoは「まったく新しいタイプのインド映画」と太鼓判。「登場する3人のピュアな愛が切ないし、『アメリ』っぽい雰囲気のインテリアやファッションもキュート。気持ちが伝わらないときに、バルフィが見せる悔しそうな表情もすてき」と見どころを語った。

一方、ギター担当の森は「ストーリーもさることながら、音楽がすばらしい。普通の映画と違って、演奏しているミュージシャンがそのまま映画に登場するので、演奏テクニックにも注目してほしい」と話していた。

バルフィ!人生に唄えば」は8月22日からTOHOシネマズシャンテ、新宿シネマカリテほか全国公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi