「ぼくを探しに」シルバン・ショメ監督初の実写映画を語る : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年8月2日 > 「ぼくを探しに」シルバン・ショメ監督初の実写映画を語る
メニュー

「ぼくを探しに」シルバン・ショメ監督初の実写映画を語る

2014年8月2日 16:00

「ぼくを探しに」シルバン・ショメ監督「ぼくを探しに」

「ぼくを探しに」シルバン・ショメ監督
[拡大画像]

[映画.com ニュース]「ベルヴィル・ランデブー」「イリュージョニスト」で知られるフランスのアニメーション作家シルバン・ショメが、初めて手がけた実写長編作「ぼくを探しに」が公開した。孤独な主人公が不思議な女性との出会いから失われた過去の記憶が呼び覚まされ、少しずつ人生が変化していく様を幻想的な世界観と美しい映像で描いたショメ監督に話を聞いた。

初の実写に取り組んだ感想は、「アニメーションの製作は、膨大なお金と時間がかかるので、作っている途中で誰かが病気にかかったりあるいは亡くなってしまったりと大変な面が多いけど、この作品の撮影で経験したのは、誰も病気にならずに撮り終えたことです」と振り返り、「アニメを撮っていてもやり残してしまったことは残るし、実写を撮っても語りきれない部分はあるから、相互補完的にこれからも両方やっていくつもりです」と今後への意欲を見せる。そして、「ただひとつだけ、編集中にベルナデットが亡くなってしまったので、完成した作品を見せられなかったのがとても残念です」と大女優ベルナデット・ラフォンの死を偲んだ。

今作で主人公ポールと友情を育んでいくマダム・プルーストの存在をはじめ、監督の過去作でも女性が常に重要な役割を果たしている。「女性が子どもを育てるし、出産も女性しかできない、教育も母親が行う部分が多いので、女性が世界をつくっていくものであると思っています。女性が世界に置いて重要な地位を占めていけば、世の中もよくなるのではと思っているし、女性を痛めつける人もいなくなると、世の中ずっとよくなるのではないかと思います。僕が思うに、女性と男性というのは、愛情も持ち合うが、友情も持てる存在であると思っています」と持論を語る。


画像2

[拡大画像]

仏文豪マルセル・プルーストの小説「失われた時を求めて」という象徴的な題材を用いたことについては「プルーストはどちらかというと嫌いなんです。すごくブルジョア的で学校で読まされたりしていました。僕はどちらかというと庶民タイプなので、ブルジョア的な世界は好きではないのですが、プルースト自身に興味がありました。彼はぜんそく持ちで、引きこもりながら部屋で小説を書いていた方。最初は出版社からも相手にされず、自費出版して成功をおさめた人。人物として興味があり、それが、本作の主人公のポールに反映されています」と明かす。

日本は大好きな国のひとつだというショメ監督。10年ほど前に来日した際に、テーブルを囲んで食事を共にする精神を大事にする文化が、日仏の共通点だと感じたそうで「新しいものと伝統的なものの融合が上手くいっている国でもあります。世界のあらゆる国のなかでも最も将来性がある国」と絶賛。日本がアニメ大国という一面を持っていることに触れ、「日本では宮崎駿監督や高畑勲監督がとても尊敬される存在ですが、残念ながらフランスではまだそれほどアニメ作家の地位が認められていないのが現状です。僕に対してだけでなく、フランスでも日本のようにアニメ−ション監督に敬意をもってくれるようになったら良いのだけど……。この作品が日本でヒットして少し状況が変わったらいいな(笑)」と願望を語った。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi