村上淳&息子・虹郎「なんで離婚?」シーンの舞台裏 「2つ目の窓」で親子共演 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年8月1日 > 村上淳&息子・虹郎「なんで離婚?」シーンの舞台裏 「2つ目の窓」で親子共演
メニュー

村上淳&息子・虹郎「なんで離婚?」シーンの舞台裏 「2つ目の窓」で親子共演

2014年8月1日 11:10

村上淳と息子の村上虹郎「2つ目の窓」

村上淳と息子の村上虹郎
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 俳優の村上淳が7月31日、東京・テアトル新宿で行われた出演作「2つ目の窓」(河瀬直美監督)の公開記念トークイベントに、本作で俳優デビューを飾った息子・虹郎とともに出席した。1997年に歌手のUAとの間に、虹郎が誕生し、その後2006年に離婚。本作で共演する村上と虹郎は、実生活と同じく、離婚後、離れて暮らす父子を演じている。劇中には久しぶりに居酒屋で再会した息子が、父親に離婚の理由を問いただすシーンがあり、トークイベントではその舞台裏も明かされた。

一部で「虹郎のアドリブ」と報じられた同シーンだが、虹郎によると「撮影中、河瀬監督から『なんで別れたのか、聞きなさい』ってメモ書きがひょいっと渡された」といい、「アドリブというよりは、その場で脚本が付け足された感じ」。そして、“息子”からの問いかけに答える父・村上のセリフについて、「あれこそ本当にアドリブ。母との出会いや、東京への思いとか、初めて聞くことばかりで『へえ』と思った」(虹郎)と語った。

「こちらも腹はくくっていた」という村上は、「七夜待」(2008)で河瀬監督とタッグを組んでおり、「芝居をすればするほど否定されるし、脚本以上のものが役者から発せられなければ、絶対にカットをかけない。あのシーンは4時間くらいずっと(キャメラを)回していた。エグイ人だよね(笑)」と振り返った。

トークイベントでは客席との質疑応答も行われ、タイトルの意味を聞かれた虹郎は「最近17歳になったばかり。この16年間、好奇心が強い分、スポーツも音楽も中途半端で後悔することもあった。(俳優デビューは)自分が初めて決断したこと。僕にとって開いた“窓”なんじゃないかと思います」と背筋を伸ばしていた。

太古から神と人間が共存してきた地・奄美大島を舞台に、離婚後の母親と島に移り住んできた16歳の界人(虹郎)と同級生の杏子が、ユタとして島民のよりどころだった杏子の母の死や、バラバラになりかけた界人一家の再生と向き合いながら、自然との共存と“いのち”の連鎖を自問するヒューマンドラマ。第67回カンヌ映画祭のコンペティション部門に出品され、10月にはフランスで100館規模の上映も決定している。

オー!ファーザー[DVD] オー!ファーザー[DVD] 最安価格: ¥2,872 見事な伏線!巧妙なトリック!観る者すべてを笑いと感動で包み込む!サスペンスコメディ。
七夜待[DVD] 七夜待[DVD] 最安価格: ¥3,756 新たなステージに立った河瀬直美監督作。異国の地・タイを舞台に、七つの夜を体験した一人の女性が自分の中にある滞りを流していく様を瑞々しく伸びやかに描く。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi