コミコンで最も話題になった映画は「バットマン v スーパーマン」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年7月31日 > コミコンで最も話題になった映画は「バットマン v スーパーマン」
メニュー

コミコンで最も話題になった映画は「バットマン v スーパーマン」

2014年7月31日 11:06

「バットマン v スーパーマン」イメージ画像「ティーン・ウルフ」

「バットマン v スーパーマン」イメージ画像
写真提供:アマナイメージズ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 米サインディエゴで7月24~27日に行われたアメリカ最大規模のポップカルチャーの祭典コミコン・インターナショナルで、最も話題を呼んだ新作映画は「バットマン v スーパーマン ドーン・オブ・ジャスティス(原題)」であることが明らかになったと、米バラエティが報じた。

大きな影響力を持つコミコンで、今年も各スタジオが新作映画のプロモーションを展開した。そんななか、調査会社MashworkとWay to Blueは、コミコン開催時におけるTwitterでの反響を調査。その結果、26日にティーザー予告を公開した「バットマン v スーパーマン ドーン・オブ・ジャスティス(原題)」が、Twitterで24万8960回コメントされ、No.1となった。

同作の予告編は、バットマンが屋上で夜光用の照明を点灯すると、夜空に浮かんだバットシグナル(コウモリの形をした信号塔)のなかにスーパーマンが登場するというもの。スーパーマンの目は真っ赤、バットマンの目は青白く光り、そのにらみ合いにサンディエゴ・コンベンションセンターのホールHは熱狂の渦に包まれた。

Twitterでのコメント回数は、第2位から4位はテレビドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」(20万1681回)、「ティーン・ウルフ」(19万5938回)、「ウォーキング・デッド」(18万3424回)。第5位にはシリーズ第2弾「アベンジャーズ:エイジ・オブ・ウルトロン」が17万3782回でランクインしている。

【初回限定生産】ゲーム・オブ・スローンズ〈第一~三章〉 ブルーレ...[Blu-ray/ブルーレイ] 【初回限定生産】ゲーム・オブ・スローンズ〈第一~三章〉 ブルーレ...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥26,784 幻想美と生命力に満ち溢れた豊かな大陸に存在する“七王国”。その争覇をめぐり、史上最大の戦いが繰り広げられる!
ウォーキング・デッド3 Blu-ray BOX-1[Blu-ray/ブルーレイ] ウォーキング・デッド3 Blu-ray BOX-1[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥10,309 フランク・ダラボン監督が贈る究極のサバイバル・パニック・ドラマ!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi