日本初上陸の闇映画「荒野の千鳥足」「SCUM」、危険な予告入手 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年7月31日 > 日本初上陸の闇映画「荒野の千鳥足」「SCUM」、危険な予告入手
メニュー

日本初上陸の闇映画「荒野の千鳥足」「SCUM」、危険な予告入手

2014年7月31日 13:35

「荒野の千鳥足」の一場面「荒野の千鳥足」

「荒野の千鳥足」の一場面
(C)2012 Wake In Fright Trust. All Rights Reserved.
[拡大画像]

[映画.com ニュース]日本未公開の異色映画を紹介する特集上映「初公開! 世界のどす黒い危険な闇映画」の第1弾「荒野の千鳥足」、第2弾「SCUM スカム」の予告編が、このほど公開された。

荒野の千鳥足」は、マーティン・スコセッシ監督をして「すさまじいほどに不快な映画」と言わしめた衝撃作。陽炎が立ちのぼるオーストラリアの砂漠、砂埃舞う空気、賭博や酒におぼれる男たち。予告編では、故ゲイリー・ボンドさん演じるジョン・グラントらが、狂気に駆られ破滅へと転がり落ちる様をとらえた。浴びるように酒を飲むシーンが立て続けに映し出され、異様な熱を感じさせる。

同予告編は、カルト的人気を誇る「アラモ・ドラフトハウス・シネマ」の配給部門が制作した40周年記念版予告に、字幕をつけたもの。スコセッシ監督をはじめ、米映画評論家の故ロジャー・エバート氏、シンガーソングライターのニック・ケイブのコメントが寄せられており、ただならぬ作品であることをアピールしている。

第2弾「SCUM スカム」は、アラン・クラーク監督が暴力的支配など1970年代末の英少年院が抱える問題に切り込み、お蔵入りとなっていたテレビ映画をセルフリメイクした問題作。当時の本国版予告を使用した今回の予告編は、陰鬱とした映像で不条理な暴力にさらされる少年たちを淡々と映し出す。劇中写真とナレーションというシンプルな構成ながら、「放送禁止」「衝撃」という単語が並べられ、過激な内容であることを予感させる。

荒野の千鳥足」は9月27日、「SCUM スカム」は10月11日から東京・新宿シネマカリテで公開。

ヒューゴの不思議な発明 3Dスーパーセット[Blu-ray/ブルーレイ] ヒューゴの不思議な発明 3Dスーパーセット[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,078 オスカー受賞作『ディパーテッド』など数々の傑作で知られる世界的巨匠、マーティン・スコセッシ監督が初めて3Dでの撮影に挑んだ本格ファンタジー。
カジノ[DVD] カジノ[DVD] 最安価格: ¥927 1970年代のラスベガスを舞台に繰り広げられる、人間の欲望と性愛を描いたギャンブル映画。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi