ピース綾部、猿も熟女が好み?「猿の惑星:新世紀」で相方・又吉と吹き替え初挑戦 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年7月30日 > ピース綾部、猿も熟女が好み?「猿の惑星:新世紀」で相方・又吉と吹き替え初挑戦
メニュー

ピース綾部、猿も熟女が好み?「猿の惑星:新世紀」で相方・又吉と吹き替え初挑戦

2014年7月30日 15:05

公開アフレコを行った「ピース」「猿の惑星」

公開アフレコを行った「ピース」
[拡大画像]

[映画.com ニュース] お笑いコンビ「ピース」の綾部祐二又吉直樹が7月30日、往年の人気SFシリーズをリブートした最新作「猿の惑星:新世紀(ライジング)」の日本語版吹き替え声優として、都内のスタジオで公開アフレコを行った。

名作「猿の惑星」の前日譚(プリクエル)を描いたシリーズ第1作「猿の惑星:創世記(ジェネシス)」の続編。驚異的な知能をもつ猿のシーザーが仲間を統率し、人類への反乱を起こしてから10年。さらに進化し勢力を拡大した猿たちは、穏健派の人類と和解の道を模索するも、対立は次第に激化していく。監督は前作のルパート・ワイアットから、「クローバーフィールド HAKAISHA」のマット・リーブスへバトンタッチされた。

吹き替え初挑戦となった綾部は、「映画好きじゃなくても知っているようなめちゃくちゃ有名な作品。その作品に参加できるのはありがたいと思ったけれど、本当に自分にできるのかという不安もあった」と本音を吐露。緊迫の状況下で猿と遭遇する兵士役を演じ、「想像していた以上に難しい。コントとは全然違う」とアフレコの難しさを実感していた。

「警官1」の役を与えられた又吉は、「綾部は結構しゃべっているのに、僕は二言だけ。僕は干支が猿だし、猿役をやらせてもらえると思って猿風の体に仕上げてきたのに」と不満をこぼし、急きょ又吉のために猿役のオーディションを開催。猿になりきるため、バナナや綾部の胸毛からイメージをふくらませたものの、結果はイマイチだった。

綾部は、「シーザーの奥さんの猿がキレイ」とここでも熟女好きを匂わせながら、「アクションもすごいしストーリーも深い。猿と人間がなぜ戦うことになったのか、謎が解き明かされる」と見どころをアピール。又吉も、「リーダーのシーザーは賢く、人間みたいな優しさも持っている。人類と猿が共存するか戦うかの葛とうが見どころ」と語った。

猿の惑星:新世紀(ライジング)」は、9月19日より全国で公開。

猿の惑星:創世記(ジェネシス)[Blu-ray/ブルーレイ] 猿の惑星:創世記(ジェネシス)[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥927 ピーエル・ブール原作の猿が支配する惑星に不時着した宇宙飛行士を描いたSF映画シリーズ『猿の惑星』から、その起源に迫った作品。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi