ハリウッド実写版「AKIRA」に「オール・ユー・ニード・イズ・キル」脚本家 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年7月28日 > ハリウッド実写版「AKIRA」に「オール・ユー・ニード・イズ・キル」脚本家
メニュー

ハリウッド実写版「AKIRA」に「オール・ユー・ニード・イズ・キル」脚本家

2014年7月28日 13:25

一進一退を繰り返す「AKIRA」実写映画化企画「AKIRA」

一進一退を繰り返す「AKIRA」実写映画化企画
写真提供:アマナイメージズ
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 数年前から一進一退を繰り返している、米ワーナー・ブラザースによる大友克洋のコミック「AKIRA」の実写映画化企画に、トム・クルーズ主演作「オール・ユー・ニード・イズ・キル」(上映中)の脚本家ダンテ・ハーパーが参加したことがわかった。

米Deadlineによれば、ハーパーは現在、同作のメガホンをとるジャウム・コレット=セラ監督らとともに、脚本のリライトを行っているという。なお、ハーパーは「オール・ユー・ニード・イズ・キル」の脚本家としてクレジットされていないが、そもそもハーパーが桜坂洋のSFライトノベル「All You Need Is Kill」を脚色した脚本を、ワーナーが約3億円の高額で購入したことで映画化に向けて動き始めたという背景がある。

今回の「AKIRA」実写映画化は、以前報じられた構想のままだとすれば、原作の1~3巻を前編、4~6巻を後編として全2部作で製作するもの。舞台は2019年の人工都市ネオ東京から、終末戦争後の近未来の“ニュー・マンハッタン”に変更される。

本プロジェクトは、レオナルド・ディカプリオを製作に迎えて08年に本格的にスタートしたものの、監督や脚本家の交代を繰り返しており、一度は主人公・金田役に決定していたギャレット・ヘドランド(「トロン:レガシー」)もすでにスケジュールの都合で降板し、現時点ではその他キャストも白紙になっている。

AKIRA[Blu-ray/ブルーレイ] AKIRA[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,036 世界で絶賛された大友克洋監督の傑作『AKIRA』を、HDニューテレシネ&192kHz 24bitオーディオでBlu-ray化!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi