マイクロソフト、オリジナル番組制作を縮小 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年7月24日 > マイクロソフト、オリジナル番組制作を縮小
メニュー

マイクロソフト、オリジナル番組制作を縮小

2014年7月24日 07:30

[映画.com ニュース]マイクロソフトが、ゲーム機Xbox向けの動画コンテンツ制作会社Xboxエンタテインメント・スタジオ(XES)を大幅に縮小することになったと、ロサンゼルス・タイムズ紙が報じた。

XESは、マイクロソフトの人気ゲーム機Xboxにオリジナルドラマを配信するため、2012年に立ち上げられた会社だが、スティーブ・バルマー氏のあとを継いで新たに最高経営責任者に就任したサティア・ナデラは、携帯デバイスとクラウドにフォーカスをシフトすることを決定。その結果、XESの大部分が閉鎖され、1万4000人1万規模のリストラが行われることになった。

スティーブン・スピルバーグが制作総指揮を務める人気ゲームの実写ドラマ版「Halo」や、「シュガーマン 奇跡に愛された男」のプロデューサー、サイモン・チンによる全6話のドキュメンタリーシリーズ「Signal to Noise」など、すでにゴーサインが出ている番組に限っては制作を継続するが、今後は新規番組の企画開発は行われない模様だ。

シュガーマン 奇跡に愛された男[Blu-ray/ブルーレイ] シュガーマン 奇跡に愛された男[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥1,015 人生に起こる本当の奇跡に出会う、珠玉の音楽ドキュメンタリー。

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

  • ジャスティス・リーグの評論 ジャスティス・リーグ ユーモアのリミッター解除。DCのスーパーヒーロー集結は王道の勧善懲悪が爽快!!
  • 希望のかなたの評論 希望のかなた フィンランドの心優しき酔いどれ詩人が紡ぐ、明日への希望
  • 光(大森立嗣監督)の評論 光(大森立嗣監督) この抜き差しならない悲劇は、不可解な問いかけとして観る者の内部に深く沈殿する
映画評論の一覧を見る
Jobnavi