「寄生獣」、第27回東京国際映画祭クロージング作品に!オープニングは「ベイマックス」 : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年7月24日 > 「寄生獣」、第27回東京国際映画祭クロージング作品に!オープニングは「ベイマックス」
メニュー

「寄生獣」、第27回東京国際映画祭クロージング作品に!オープニングは「ベイマックス」

2014年7月24日 06:00

第27回東京国際映画祭クロージング作品に 選出された山崎貴監督の最新作「寄生獣」「ベイマックス」

第27回東京国際映画祭クロージング作品に
選出された山崎貴監督の最新作「寄生獣」
(C)映画「寄生獣」製作委員会
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 山崎貴監督の最新作「寄生獣」が、第27回東京国際映画祭(10月23~31日)のクロージング作品に選出されたことが明らかになった。また、オープニング作品にはウォルト・ディズニーの最新作「ベイマックス」が決定。両作品とも世界最速でのお披露目となり、本年度下半期の話題作2本のワールドプレミア上映に大きな期待が寄せられる。

累計発行部数1100万部を誇る岩明均の同名原作を、2部作で映画化する山崎監督は「『寄生獣』という作品は“種としての人間”がいかに生きるべきかということを考える入り口になりうる作品だと思います。たくさんの問題を抱えた現代という次代、このような大きな映画祭のクロージングにこの作品を選んでもらえた意義は大きいと思います」と喜びのコメントを寄せている。

本年度からアニメ作品に注力していくことを公言する同映画祭が、オープニング作品に選出したのが「ベイマックス」。ディズニー・アニメーション作品が日本でワールドプレミアを行うのは、史上初となる。ドン・ホールクリス・ウィリアムズ両監督は、「東京国際映画祭で『ベイマックス』のワールドプレミアが行われることに本当にワクワクしています。それも、オープニング作品に選ばれて、大変光栄に思います」と声明を発表。同作の舞台がサンフランシスコと東京をミックスした架空の未来都市ということもあり、「私たちに深いインスピレーションを与えてくれた東京で、この映画が上映されることをとても楽しみにしています」と締めくくっている。

染谷将太が主演する「寄生獣」は、正体不明の生物「パラサイト」に寄生され人類が支配されていくなか、右腕に宿った「ミギー」との共生を余儀なくされた主人公・新一の数奇な運命に迫る。ほか、深津絵里橋本愛東出昌大浅野忠信大森南朋北村一輝ピエール瀧新井浩文ら豪華なキャストが結集している。「ベイマックス」は、最愛の兄を失った少年とケアロボット「ベイマックス」のきずなを描く。

第27回東京国際映画祭は10月23~31日、六本木ヒルズ、TOHOシネマズ日本橋ほかで開催。「ベイマックス」は12月20日、「寄生獣」は11月29日から全国で公開。

フォトギャラリー

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る

エンタメ求人ナビピックアップ求人情報

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種ソーシャルアカウント担当

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集スタッフ

株式会社エイガ・ドット・コム

ぜひあなたの力を映画.comで活かしてください!

職種編集部アシスタント
エンタメ求人ナビトップへ
Jobnavi