「イントゥ・ザ・ストーム」吹き替え、デニスの暴風体感アフレコ映像を公開! : 映画ニュース

ホーム > 映画ニュース > 2014年7月24日 > 「イントゥ・ザ・ストーム」吹き替え、デニスの暴風体感アフレコ映像を公開!
メニュー

「イントゥ・ザ・ストーム」吹き替え、デニスの暴風体感アフレコ映像を公開!

2014年7月24日 18:00

暴風雨の中で体感型アフレコに挑戦中のデニス (左から植野行雄、松下宣夫)(写真上)と 巨大扇風機を背に作品をPRする2人(写真下)「イントゥ・ザ・ストーム」

暴風雨の中で体感型アフレコに挑戦中のデニス
(左から植野行雄、松下宣夫)(写真上)と
巨大扇風機を背に作品をPRする2人(写真下)
(C)2014 VILLAGE ROADSHOW FILMS (BVI) LIMITED
[拡大画像]

[映画.com ニュース] 人知を超えた超巨大竜巻の猛威を描くアクション「イントゥ・ザ・ストーム」の日本語吹き替え版に、お笑いコンビ「デニス」(植野行雄松下宣夫)が挑戦。暴風の吹き荒れる中で、映画の世界観を実体験する“体感型アフレコ”に挑む様子が動画で公開された。

同作でデニスは、YouTubeにおバカ動画をアップし、一発当ててやろうと目論むリービス(植野)とドンク(松下)の吹き替えを担当する。今回は収録に先がけ、巨大扇風機による秒速約33メートルの“暴風体感アフレコ”に挑戦した。

映像では、いきなり駐車場に呼び出され戸惑う植野と松下の姿が。2人が意気揚々とアフレコを始めると、風が吹き荒れ始め、風速はみるみる上がっていく。秒速18メートルを超えたところで、声を出すのもままならなくなるが、そこでさらにスタッフが放水を開始。本物さながらの暴風雨の中、秒速33メートルに達した時点では台本は吹き飛び、もはや立っているのもやっとの様子だ。しかし同作が描くのは、この約4倍の秒速135メートルの世界。ジャンボジェットや大型トレーラーが軽々と舞いあがる威力で、デニスの2人も驚きを隠せない表情を見せている。

また、アフレコを終えた松下は「体感型アフレコの方が、声が出やすかったので良かったかも(笑)」と暴風雨を振り返り、植野は「スリルあり、感動もあり、さらに家族のストーリーもあって、一緒に行った人とワイワイしながら体感できる映画です!」と、同作の見どころを語った。

イントゥ・ザ・ストーム」は直径3200メートル、秒速135メートルという前代未聞の巨大竜巻に見舞われ逃げ惑う人々や、ストームチェイサー(竜巻を追って観測する研究者)たちが一世一代のスクープを求めて、竜巻と死闘を繰り広げる姿を描きだす。POV(主観ショット)を組み込み、リアルな臨場感を生み出したことでも話題となっている。主演は「ホビット」シリーズのリチャード・アーミテージ、共演は「ウォーキング・デッド」のサラ・ウェイン・キャリーズら。8月22日から全国で公開。

STRIKE BACK 反撃のレスキュー・ミッション;アフガニスタン クロスボーダー作戦[DVD] STRIKE BACK 反撃のレスキュー・ミッション;アフガニスタン クロスボーダー作戦[DVD] 最安価格: ¥3,292 弾道ミサイルが自国を狙う!アフガニスタンに消えた天才ハッカーを確保せよ!人気シリーズ「STRIKE BACK」堂々の完結!
キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー ブルーレイ+...[Blu-ray/ブルーレイ] キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー ブルーレイ+...[Blu-ray/ブルーレイ] 最安価格: ¥3,201 兵士として不適格とされた青年が、軍の極秘実験「スーパーソルジャー計画」によって“キャプテン・アメリカ”として生まれ変わり、捕えられた仲間や親友を救うため立ちあがる姿を描いたアクション・アドベンチャー!

関連DVD・ブルーレイ情報

ニュースメール

前日に配信された全てのニュースヘッドラインを、一日一回メールでお知らせします。

Google FeedBurnerのサービスを利用しています。
配信停止はメール最下部の「unsubscribe now」から行ってください。

ブログパーツ

ブログパーツ 映画最新ニュースをあなたのブログに!「映画.com ブログパーツ」を貼れば、あなたのブログが映画情報発信地に早変わりします!

ブログパーツについて詳しく見る
このページの先頭へ

映画評論

映画評論の一覧を見る
Jobnavi